全ての記事

コロナ感染者が激減したのは4つの要素があったから!?



毎回、緊急事態宣言が解除されて2週間後には感染者数が増える傾向にあったのだが今回の緊急事態宣言が解除されてすでに2週間が経過しているが増えるどころか東京都では今年一番少ない感染者数が発表されています。そこには4つの要因があったからと政府コロナ分科会の尾身茂会長は話しています。



4つの要因とは?

①    一般市民の感染対策強化

②    人流、特に夜間の滞留人口減少

③    ワクチン接種率の向上

④    医療機関・高齢者施設での感染者数の減少


▶1.一般市民の感染対策強化

あまりの急激な感染拡大と医療提供体制のひっ迫を目のあたりにした人々の間での“危機感”が意識を高めた故に1人1人が感染対策を強化したからと言われています。


▶2.人流、特に夜間の滞留人口減少

繁華街における夜間の滞留人口を宣言発出前と比べて5割減にするよう呼び掛けていました。こちらに関しては残念ながら5割まで達することはできませんでしたが平均2-30%減少する事ができ、かなり低いレベルに維持されたと言います。


▶3.ワクチン接種率の向上

ワクチンの施主率が向上したことが大きな因果につながると思いますが、ワクチンを接種していない人が感染リスクのある場所へ踏み入れること自体が少なくなっていると思われます。


▶4.医療機関・高齢者施設での感染者数の減少

こちらもワクチン接種により、高齢者の感染が少なく、病院内での院内感染もかなり減っていると言われています。今までだらだらと感染者数が下がってきていのが、高齢者の感染が少なくなったことで、ここ数日で急激に減少したと思われます。



感染者減少にも「油断」は禁物?!



感染者の急激な減少により経済活動の段階的な緩和を求める声も出ていますが、ウイルスの「弱毒化」を示す変異は確認できていないことや、今年は昨年に比べてインフルエンザの大流行が考えられている為まだまだ油断は禁物のようです。



最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀