全ての記事

コロナ禍でのインフルエンザワクチン接種の懸念点とは?



医療現場ではこの冬、新型コロナウイルスと共にインフルエンザの流行を心配する声が上がっていますが、その一方でインフルエンザワクチンの共有が遅れているといわれています。



インフルエンザワクチンの接種時期に「遅れ」が?

冬のインフルエンザ流行を見据え、医療機関でのワクチン接種が始まる時期だが、今期のインフルエンザワクチンの製造メーカーでは7割くらいしか製造が出来ていないと言われており、2021年はワクチンの供給が遅れるという見込みがされています。



供給不足に加え○○不足も…

インフルエンザワクチンの製造が遅れている中、ワクチン製造で使う部品が新型コロナ用に回され、確保が難しくなっていることから供給が遅れる見通しだと言われています。


昨年はコロナ対策を徹底していたためインフルエンザ患者が例年に比べて1/1000まで下がりました。それでは感染対策を万全にしていればインフルエンザワクチンは打たなくても良いのでしょうか?


感染対策を万全にしていてもワクチンは打った方が良いと言われています。少なくともワクチンを打っていれば症状が軽く済みます。新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの接種期間は2週間の間隔をあけていれば接種可能と言われています。



今年は万全な対策を!

昨シーズンは流行が見られなかったインフルエンザだが、免疫や耐性が落ちている可能性があります。今シーズンはインフルエンザが大流行する恐れもあります。まだインフルエンザワクチンを接種していない人は前向きにワクチン接種の検討をしてみてはいかがでしょうか。



最後に

現在日本では約7割の人が新型コロナワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。


ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀