全ての記事

ワクチン接種後も韓国でコロナ大流行!?



今現在、世界各国でワクチン接種が進められており、日本でのワクチン接種率は60%を超えました。全国の感染者数の増加も収まり、急激な感染者数の減少から人々の気の緩みが生まれ、第6波に当たる2月の東京都の一日の感染者数は10,000人を超えるのではないかと言われています。


そんな中、お隣韓国ではワクチン接種率が70%を超えたと言われています。


しかし、早急にワクチン接種が進められ、集団免疫獲得に向けて早い段階から行動を起こしていた韓国で、またしても感染拡大が起こっていることをご存じでしょうか。


韓国政府は9月の24日に国内の感染者数が一日で2400人を超えたことを報道しました。専門家の見解によるとこれは第4波続きであるとされています。


なんだ大した人数じゃないじゃんとお思いの方!それは間違いです!


そもそもの人口が日本と比べて少ないので、2,000人と聞くと日本ではそんなに大した数ではないと思うかもしれませんが、韓国の人口5178万人に対して2,000人以上ですので相当だと言えます。


そしてもう一つ問題と言えるのは、ワクチン接種が7割完了していてもこのような状態になっていること。


当然日本と比べて人口が少ないからワクチン接種のスピードも速いと言えますが、それにも関わらず、感染者が爆発していることに問題があります。


韓国も日本と同様ファイザーやモデルナのワクチンを接種していますので、日本でも同様のことが起こるがあります。


そういった状況を引き起こさないためにも中和抗体検査をしてみませんか?


中和抗体とは、ワクチンを打つことで獲得できることが期待されている感染を防ぐ役割を担う抗体になります。


皆さんが生活を送るうえで少しでも安心ができるようにワクチン接種後の中和抗体検査をお勧めしています。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀