全ての記事

ワクチン接種。ホームレスの接種はどうなる?



現在日本では約7割の人が必要回数のコロナワクチン接種が完了しています。必要回数のワクチン接種が完了していない3割の中には既に予約済みだったり1回は接種が終了している人がいます。


しかし、そんな中ホームレス(路上生活者、ネットカフェで暮らす人)のワクチン接種がなかなか進まずにいます。なぜホームレスのワクチン接種が進まない?


ワクチン接種をするにはワクチン接種券で予約が必要となります。しかし定まった住所が無いホームレスにとっては接種券を受取れなかったり、手続きなどの情報が届かなかったりする人が多いためワクチンを接種することが出来ずにいます。


ホームレスの中には「ホームレスにはワクチンなんか関係ないよ」と話す人もいれば「本当は自分見たいな住所不定者も打った方がいいと思う。コロナで死んだってか構わないけどひとに移すのが嫌なんだ。」と語るひともいます。


ホームレスのワクチン接種はどうなる?やはりホームレス状態にある人達のワクチン接種が厳しいのでしょうか。


新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、自治体はホームレス状態にある人を対象とした接種に支援団体と協力して一人でも多くの当事者に呼びかけ集団接種などとつなげる為本腰をいれています。


東京都台東区は8月下旬から支援団体を通じて周知しており、9月10、11日に1回目の集団接種を行いました。希望者には予め接種センターに来てもらい整理券を配布しています。身分証など本人確認書類のない人には氏名や生年月日を聞き取り接種当日に確認する等して接種する事ができました。


集団接種では区内のホームレス等30~80代の計89人がファイザー製の接種を受け、昨年10月から野宿生活をする男性は接種後「打てて良かった」と話していたそうです。


最後に、ワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀