全ての記事

コロナ禍の影響で増加?!あの芸能人も悩まされた「適応障害」



新型コロナウイルスにより様々な制限がともない、それによりストレスを抱えている人も少なくはないでしょう。なかでも、コロナ禍で増えているのが「適応障害」です。



うつ病と適応障害の違いって?

「適応障害」はストレスに対処できずに心身に様々な症状が出る病気です。精神的な症状としては、不安、気分の落ち込み、イライラ、不眠。身体的な症状は吐き気、動悸、めまい、腹痛、頭痛、ふらつき、全身倦怠感など多岐にわたります。内科や耳鼻科などで検査を受けても異常がなく、メンタルの問題ではないかと精神科に来ることが多いのです。


うつ病と適応障害の境界線はあいまいで重なる部分もありますが、適応障害のほうが環境の要因、外部のストレス因子の影響が大きいそうです。



コロナの影響で適応障害が増えている理由とは?

1つ目は経済的な不安が強くなっていることです。休業を余儀なくされた、勤務先がつぶれそう、借入金が増えている、などの経済的不安はストレスになるため、適応障害の要因になっています。


2つ目はコロナ禍でやるべきことが増えたことです。特に飲食店は手ってした感染対策をしながら接客をしたり、自治体などへの提出書類も増え時短などの要請に従わないとなりません。


飲食店のみではなく、テレワークなどの新しい働き方が原因となるケースもあります。コロナによって職場環境が変化したことも関係しています。テレワークが導入されましたが、それがストレスになる人もいます。


3つ目はストレス発散の手段が減った事です。誰でもストレスは抱えていて、ストレスを解消しながら生きています。しかし、コロナ禍で自粛を要請され外出を控えなければならない、人と会えないなど、ストレス発散が出来ずにいます。



オンラインでの○○でストレス解消

以前より楽しめなくなった、眠れない、イライラする、など兆候が表れ出したら、意識してストレス解消に努めましょう。意外かもしれませんが、しゃべることも立派なストレス解消法と言われています。直接会う事は難しくなっているのでオンラインでお話ししてみてはいかがでしょうか。



最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀