全ての記事

コロナ禍により家庭ごみ急増!



コロナ禍により「おうち時間」が増えたことで、家庭ごみ全体が増えたという声が急増しました。

今回はその家庭ゴミについてごみ減量のコツについてをお伝えしていきます。



■コロナ禍の家庭ごみ

コロナ禍で48.0%が家庭ごみが増えたと回答しました。

増えた人に対して、コロナ禍前と比較してどの程度ごみの量が増えたか聞いたところ、その平均量はコロナ禍前の131.5%でした。


増えたごみについては

1位は「生ごみ」で55.0%

2位「マスク」で51.9%

3位「ペットボトル」が47.9%


という結果になりました。



家庭ごみが増えた理由については

1位は「おうち時間が増えた」80.0%

2位「自炊が増えた」44.6%

3位「食品のテイクアウトが増えた」29.4%


上記のような結果に。


料理のたび出る大量のプラごみ「罪悪感」

肉や魚の入ったトレー、野菜を包む袋、調味料の容器やラベル。

食事の準備をするたびに大量に出るプラごみを見ていつも罪悪感を覚えます。


昨年7月からはそのレジ袋も有料化され、今はプラごみを捨てるためにプラ製のごみ袋を購入する日々。「お金をかけてごみを捨てるのに矛盾を感じます」と話す人もいます。


同様の悩みは多いく、「コロナ禍で外食が減った影響で、野菜クズなどの生ごみも増えた。ごみ減量の工夫を知りたい」などの声も寄せられました。


おうち時間の増加に伴い、自宅での食事が増えたことで生ごみや飲料のペットボトルのごみが増えたことがわかります。


また「通販で買い物をすることが増えた」(29.2% )ことで、「ダンボール」(41.3%)のごみも増えているようです。


ごみ減量のコツは?

減らすための工夫

1位「マイバッグ」

2位「食べ残しを減らす」

3位「マイボトルを使う」


買い物の段階から減量の意識を

とある主婦は、まず「買い物の段階からプラスチック包装が過剰なものは買わない」といいます。肉や魚はなるべくトレーではなく袋入りのものを選ぶ。お菓子は1個ずつ個包装されているものは避ける。などなど単純ながら工夫されています。


プラ包装は特にかさばりやすいのでごみ箱のそばにハサミを常備し、トレーならハサミで小さく切り、袋は折りたたんで捨てます。トイレットペーパーの入った大袋や大きな菓子袋はごみ袋代わりに使えるので、プラごみとして捨てないなどかさばりを減らせばごみ袋の節約になり、ごみの収集運搬時の環境負荷を減らすことにもつながります。


チラシや紙パックは資源ごみとして分別すると、燃えるごみの量も減らせます。生ごみは調理で出るたび、すぐに空き袋にまとめて冷凍庫内の密閉容器に放り込みます。冷凍すれば週1回しか生ごみを捨てなくても衛生的です。このようにコロナによって生活スタイルが変わったことがあまりに多く対応に疲れることと思います。


やはり私たちが今抱えている問題の多くがコロナ終息にかかっており一番の解決方法でしょう。

コロナ終息のカギは「身体へのウイルス侵入を防ぐ力」です。 それは免疫力ではなく、「中和抗体」のことです。


ワクチン接種が終わっても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?など不安に駆られている方は少なくないのではないでしょうか。ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。