全ての記事

コロナ禍で献血激減?!千葉県内初○○店舗で献血




2021年12月で新型コロナウイルスが報道されてから約2年が経とうとしてまいす。コロナ前に比べてコロナ禍になってからの生活はかなり制限されるようになったり様々なところで変化がみられています。


なかでも、感染を避けるべく献血をする人たちが激減しております。関東甲信越地域では7月11日から献血協力者数が必要人数に満たない日が続いています。月12日から8月8日までの計4週間で、必要人数に達した日は2日間のみとなっており、平日だけでなく、休日も必要人数を満たさないのはあまりないことで、新型コロナウイルスの感染急拡大及び緊急事態宣言等による外出控えや献血バスを配車する団体献血の中止が影響しているものと考えられます。



まさかのユニクロで献血?!

コロナ禍で輸血用の血液が不足する中、千葉県赤十字血液センターは10月15日、千葉県内で初めてあの衣料品店で献血への協力を呼びかけました。献血会場となったのは、茂原市内のユニクロの駐車場で、14日は茂原市のほか、成田市の店舗でも行われました。今回の献血は、コロナ禍で献血協力者の減少が深刻となる中、幅広い年代に献血への協力を呼びかけようと、県内で初めてユニクロの店舗で行われたもので、献血に協力した人にはユニクロのマスクなどが贈られました。



最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。

ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀