全ての記事

コロナ禍での闇!「コロナ孤児」とは?児童売買?!



新型コロナウイルスにより全世界の死者数が膨大な数になる中、少なくとも一人の親もしくは保護者を失った子供の数は100万人を超えていることが7月20日に発表された研究により明らかになりました。



コロナ孤児は違法な取引をされる?

なかでもインドでは日々4000人前後の人々が命を落としており、この中には子を持つ親も含まれており、コロナで身寄りをなくした孤児が日々増えている状態です。この混乱に乗じTwitter等で違法な児童取引を持ち掛ける例が相次いでいます。あるアプリ上で頻繁に送信されているあるメッセージは「養子縁組を待っている女の子が2人いて、1人は生後3日、もう一人は生後6か月。両親はコロナで生きを引きとった」「お願い、この子達が新しい人生を始められるよう助けて」というものです。


2015年に制定された少年司法法は、指定の児童保護機関などを通さない児童取引を禁止しています。先ほどの投稿は少なく見積もってもこの時点で違法であり、違反すれば最大5年の懲役、または10万ルピー(約15万円)の罰金が科せられます。



コロナ孤児が新たな家族を見つけることは難しい

上記のように孤児の取引が絶えないのは取引手が見つかりにくいことから、彼らが非常に弱い立場に置かれているからだと思われます。


日々報じられる圧倒的な感染者数に目を奪われがちだが、水面下では無力な子供たちが見えない犠牲者となっています。


現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀