全ての記事

コロナ禍=新しい生活様式



長期間にわたって感染拡大を防ぐために、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策を、これまで以上に日常生活に定着させ、持続させなければなりません。それを「新しい生活様式」と呼ぶこととし、具体的な実践例は以下にある通りです。


まず、

1.身体的距離の確保(できるだけ2m)、

2.マスクの着用、

3.手洗い、の3つを、一人ひとりの方の基本的な感染防止策です。


また、日常生活では、上記に加えて、「3密」の回避や、換気、まめな体温・健康チェックが効果的です。(換気については、2方向の窓を開け、数分程度の換気を1時間に2回程度行うことが有効です。体温・健康チェックは、毎朝行うなど決まった時間に行ってください。)

働き方については、テレワークや時差通勤を進め、オンラインで可能なことはオンラインで行って下さい。



【3つの密を避けるための手引き】

 また、緊急事態宣言の解除後も、全都道府県において、基本的な感染防止策の徹底等を継続する必要があるとともに、感染の状況等を継続的にモニタリングし、その変化に応じて、迅速かつ適切に感染拡大防止の取組を行う必要があります。その土台となるのは、こうした新しい生活様式の定着だと思います。





【一人ひとりの基本的感染対策】

移動に関する感染対策

・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。

・発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする。接触確認アプリの活用も。

・地域の感染状況に注意する。


感染防止の3つの基本:

①身体的距離の確保

②マスクの着用

③手洗い

・人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。

・会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。

・外出時や屋内でも会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスクを着用する。

・家に帰ったらまず手や顔を洗う。

人混みの多い場所に行った後は、できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる。

・手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)。

※ 高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。





【日常生活を営む上での基本的生活様式】

・まめに手洗い・手指消毒 □咳エチケットの徹底

・こまめに換気(エアコン併用で室温を28℃以下に) □身体的距離の確保

・ 「3密」の回避(密集、密接、密閉)

・一人ひとりの健康状態に応じた運動や食事、禁煙等、適切な生活習慣の理解・実行

・ 毎朝の体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養


等々


皆さんも既に取り組んでいる事だとは思いますが、それでも今一度確認し自分がきちんと出来ているか確認してもらえればと思います。


私も今一度確認し、外出する際は念のため中和抗体があるかもチェックして外出したい。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀