全ての記事

これであなたもクリアな視界に!マスクで曇った眼鏡とさようなら



新型コロナウイルスが流行してからマスクをして出歩くことが当たり前になりました。


マスクをすれば飛沫感染をある程度防げるし、喉の乾燥も防げるしいいことがいっぱい!


しかし、マスクをすることで弊害を受けている人々も存在しています。


そう!眼鏡を日常的にかけている人々です!呼吸をするだけで曇って視界が悪くなるし、なんとなく恥ずかしいのです。


今回はマスクによって眼鏡が曇る原因と対策を紹介していきたいと思います。



・原因

眼鏡が曇る原因は「結露」です。眼鏡をかけてマスクを着けたとき、マスクと顔に隙間ができるとそこから暖かい息が漏れてしまうことがあります。水蒸気をたっぷり含んでいる暖かい息が眼鏡のレンズに当たると、空気中に漂う水蒸気が冷やされ水滴として光を乱反射させ、眼鏡の曇りになるのです。許せませんね!



・対策

一番お手軽な対策は不織布マスクの上部を内側に折り込むことです。こうすることによってマスクと顔の隙間を小さくすることができるので曇るのを抑えることができます。抑えることはできますがまだまだ普通に曇るので個人的にはあまりオススメできません。


また、同じような対策でマスクと顔の間に折り込んだティッシュを挟む方法があります。この方法はマスクを折り込む方法より曇らないですが、顔にずっとティッシュが接するので圧迫感もあり気になってしまいました。


ということで一番オススメの対策は曇り止めグッズを使うことです。


やはり科学の力はすごい!


スプレータイプや、ジェルタイプや、シートタイプなどがありますが、スプレータイプが一番安く手に入るようです。



・結論

眼鏡を曇らないようにする対策としては曇り止めグッズを使うことが一番ですね。


しかし定期的に眼鏡に曇り止めグッズを使うので少し面倒な気持ちになってしまいます。


やはり、マスクをつけなくてもよくなるようにコロナ禍が終わることが一番です。感染症が終息するには集団の七割が抗体を持つことだと言われています。ワクチンを接種し「中和抗体」を獲得しましょう。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀