全ての記事

体格差がある人のワクチン接種量って?



2021年10月12日に全世界で「規定の回数コロナワクチン接種を完了した接種率」がJSコーポレーションにより発表されました。

オックスフォード大学が運営するWEBサイト「Our world in Date(データで見る私たちの世界)」をもとにJSコーポレーションがまとめたものによると、スペインの78.87%がもっとも高く、日本は64.63%で世界8位となっていることが分かりました。



体格が違う人のワクチン接種量って同じ?違う?

結果からお話しすると大柄な人でも小柄な人でも(大人に打つ場合は)新型コロナワクチンの量は同じなのだそうです。


それでは、極端にお相撲さんのように大きな人と小柄な人では接種量は変わると思いますか?


答えは、お相撲さんでも小柄な人でもワクチン接種量は同じです。


新型コロナウイルスに限らずワクチンは、感染や発症、重症化を防ぐというのが目的です。ワクチン接種で感染した時と似たような免疫反応を体内でお越し、実際に病原体が体内に入ってきた時に免疫反応が素早く起こるようにします。こうした免疫反応を起こさせるのに必要なワクチンの量は、免疫反応が成人と異なる乳幼児や児童以外は、大きな差は無いということから、体重や体格とは関係なく同じで問題はないのです。



副反応の出やすさも同じ?

コロナワクチン接種において懸念されているのが副反応です。大柄な人も小柄な人も同じ僚を接種するという事でしたが、その場合小柄な人は大柄な人に比べて副反応が出やすくなってしまうのでしょうか。


答えは同じ量を打った小柄な人に大柄の人より副反応が起きやすいということはありません。


臨床試験では複数の接種量で安全性や効果、副反応の頻度などを調べており、日本で接種されているファイザー社製ワクチンの場合、接種量が多いほど腫れや痛み、発熱等の副反応が出る割合は増えているそうです。実際の接種量はどの年代でもワクチン効果が見込め、なおかつ思い副反応が起きないレベルという事を念頭に定められています。



年齢、性別による副反応の差はあるの?

実際の接種が始まってからの副反応の調査によると、年齢による副反応の差は高齢者よりも若い人の方が副反応がでやすいという事が分かっています。


性別だと男性よりも女性の方が副反応が出やすい傾向にあるとの事ですが、上記にも記した通り体格によって副反応の出やすさは変わらないという事でした。


ちなみに、男性よりも女性の方がワクチンの副反応が多いのは男性よりも小柄だからではなく女性の方が免疫反応が強いからです。



最後に

ワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからない現状です。

ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態で楽しくお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀