全ての記事

ソーシャルディスタンスとくしゃみの火力




「ソーシャルディスタンス」

コロナ禍に入ってからすぐにこの言葉をよく耳にするようになりましたが、最近はあまり聞いていないように感じます。感染者数は日に日に少なくなっていますが、第6波が来ると言われていて、まだまだ油断はできない状況です。そこで、改めて皆さんはソーシャルディスタンスを守れていますか?今一度、どういったものか確認していきたいと思います。


ソーシャルディスタンスとは、感染症の拡散を停止または減速させることを目的とした、医薬品を使わない感染抑制のための手段です。それは、人と人との間に物理的な距離を取ることによって人が互いに密接な接触を行う機会を減少させる方策のことであり、典型的には他者から一定の距離を保つことや、大きなグループでの集まりを避けることを含みます。具体的には外出の際には人と2メートル以上の距離を取ることだと説明されています。


ではなぜ2メートルなのか。それは人が飛沫を飛ばす一般的な距離が2メートル程度だからです。新型コロナウイルス感染経路は飛沫感染か空気感染です。距離を取ることで飛沫感染をある程度抑えることが出来るのです。しかし2メートル取ったからといって安心できるわけではありません。人が会話をしているときに飛ぶ飛沫の距離は1メートル程であり、咳で2~3メートル、くしゃみに関しては7メートルくらい飛ぶことがあるそうです。


距離が長いだけでなく時速300キロメートルもの速さで飛沫が飛ぶのでくしゃみを見てから回避は不可能です。



まとめ

ソーシャルディスタンスをそのまま守り、人と2メートルだけでも飛沫感染に効果はありますが、不十分な対応になってしまいます。しかしそんなに距離を取ることが不可能な場面が大半だと思います。マスクは鼻までしっかりとする、人と向かい合わないなどその場でできる対策をしていかなければならないのです。


しかし、対策だけでは限界があります。コロナを終わらせるには「中和抗体」を保有することが必要です。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀