全ての記事

コロナ禍により化粧の延長?!美容外科の駆け込む若者が急増



・コロナ禍により美容整形する人が急増?!

ひと昔まで価格が高い、大きな手術、整形=やりすぎなどと悪い印象を持たれていた美容整形ですが、最近はSNSなどで整形に関する情報を発信する人が増えました。


整形に対するイメージも身近になり、化粧の延長という意識が多く、Z世代(主に2021年現在10代前半から25歳くらいの若者)でも美容整形する人が増えています。


価格についてもひと昔前に比べるとお手軽な費用で手術を受けられるようになったこともありますがコロナ禍によりお金の使い道が変わり、手術費用が貯まりやすくなり手術に踏み込む人がいるようです。



美容整形をしてみたいですか?

「美容整形をしてみたいですか?」というアンケートに対し、20代は「整形をしたことがある」「今すぐ整形したい」「いつか整形したい」と整形に対して前向きな回答をした人が約6割もいる事がわかりました。


実際にZ世代の学生は「友達が整形しているし偏見はない」「“整形”というと大げさだけど“自分磨き”の一環」「プチ整形は身近」といった意見もあるくらい、整形に対しての意識が変わってきている現状です。



人気の施術にも変化が!

コロナ禍により美容外科での人気の施術に変化しているようです。


以前は目元の施術が8割、口や鼻などマスク内が2割だったものが今は逆転し、マスクや鼻などマスク内が8割、目元の施術が2割となっています。


やはりコロナによりマスク生活が当たり前となった現在、マスクで隠せる鼻や口元の施術が人気だそうです。


また、目元のたるみを除去し、太ももなどの脂肪をくぼんだ所に入れるという手術が5-60代以上の人には人気で、この理由もまたマスク着用が必須となった今ならではの経緯と思われます。



クリニックの感染対策

美容整形をする人たちが増えている中、クリニック側でも新型コロナウイルスの感染対策を万全にしております。


ある美容外科では全スタッフの就業前の体温測定および、体調の確認をし、体調不良時は就業を自粛しているそうです。


また別のクリニックではコロナワクチン接種の前後3日間の診療は行わない、ワクチン接種から3日間経過しても副反応が残っている場合は症状が改善するまで診療を延長しているそうです。


現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態で自分磨きや美容整形をしてみてはいかがでしょうか。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀