全ての記事

従業員「感染リスクが不安」



2021年10月から緊急事態宣言が明け、飲食店やカラオケ店への規制が緩まり、利用するお客さんが増加しました。


アルコールの設置や従業員の体調管理、換気など感染対策を実施していますが、お客さん側ではなく、従業員が「感染リスクが不安」との声が上がっています。


コロナウイルス感染対策を行っているカラオケ店はほとんどですが、利用するお客さんからの感染リスクを不安に思っている従業員は半数以上です。


すべての飲食店や、カラオケ店など、アルコールを提供するお店を時短営業にすれば、従業員への感染リスクが減りますが、会社も経営破綻になってしまいますので、従業員の収入がなくなってしまいます。


実際に感染者数も飲食店やカラオケ、アルコールを「悪者扱い」しての結果になりますので、感染者数の減少効果はあまりありません。


コロナウイルスは目に見えませんので、余計に不安や恐怖があると思います。ですが、お店や従業員はお金を稼ぐため、働かなければなりません。




ではどうすればお店を閉めることなく、従業員への感染対策ができるのでしょうか?


ワクチンを接種したり、コロナに感染したりすると「中和抗体」というコロナに感染しづらくなると言われている抗体が作られます。この「中和抗体」こそ、感染対策にぴったりのものだと思います。


中和抗体を持っているとコロナに感染しづらくなりますので、自宅でできる中和抗体検査キットで、今の「抗体量」を確認しませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。

実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


中和抗体ができたからといって、感染対策をやめるとほかの従業員の感染リスクが上がってしまいますので、店内の換気等は必ず行いましょう。

また、中和抗体は、いつかはなくなってしまいますので、定期的な検査をお勧めします。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀