全ての記事

コロナ後遺症は長い闘いになりそうな予感



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、単なる短期的な病気ではない。患者を衰弱させる身体症状や精神症状が、感染の数カ月後まで、場合によっては数年後まで続く可能性がある。以下では、新型コロナウイルス感染症の後遺症について、これまでにわかっていることをまとめた。


初期調査の大多数は入院患者だけを対象としており、現在でもまだ明確な診断基準は定まっていないが、複数の研究では、新型コロナウイルス感染症患者のおよそ10~30%は症状がなかなか消えず、長く後遺症に苦しむことが示唆されている。


患者が訴える症状は幅広く、最初の感染から消えるまでに数カ月かかることもある。症状の例としては、疲労感、継続的な呼吸器系の問題、嗅覚と味覚の喪失、「ブレインフォグ」(頭がぼうっとする状態)、記憶障害、頭痛、筋肉痛、うつ状態などが挙げられる。


後遺症のリスクが最も高いのは、どのような人なのだろうか。それについてはまだはっきりわかっていないが、感染時の重症度とは関係がないようだ。また、初期の感染とは異なり、年齢との関連はごく弱い。つまり、子どもや若者にもリスクがあるということだ。


後遺症が続く期間についても、まだ解明されていない。新型コロナ後遺症に最も近い病気は、おそらく慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎とも呼ばれる)だろう。慢性疲労症候群は数十年にわたって続く場合もある。




慢性疲労症候群と同様に、新型コロナ後遺症に悩む人に対しても、まだあまり治療法が存在しない。とはいえmRNAワクチン(ファイザー製とモデルナ製もこれに含まれる)が症状を緩和できることを示唆する有望な研究知見もあるという。


新型コロナ後遺症については、その原因をはじめ、わかっていないことが多い。感染後に残っているウイルスの影響や炎症の影響が続いているとも考えられるし、体が自己免疫反応を起こしている可能性もある。生物学的に言えば、新型コロナ後遺症は複数の障害の集合体である可能性もある。


新型コロナウイルス感染症は当初、呼吸器疾患と理解されていたが、現在では、全身に影響を及ぼすことがわかっている。初めて感染してからずっと後になっても腸内や脳に残っていることが確認されている。影響を免れる臓器はない。




新型コロナウイルスのデルタ株は、ワクチン接種率の高い国においても、未接種の人のあいだで急速に広がっている。子どもの多くはまだ接種を受けておらず、とりわけ感染しやすい状態にある。そして、学校でのマスクや距離の確保などの対策不足から、子どもたちを通じてウイルスが拡散している可能性もある。


先ずは後遺症も、もちろんだがそれ以前にコロナにならない様に今できることを忘れずにやっていこうと思う。うがい、手洗い、マスクの着用と感染予防対策はきっちりし、外出する際は抗体がきちんとあるかチェックもしていきたい。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは 


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。 

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点 

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み 

■トップクラスの精度97.4% 


病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。 


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。 


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀