全ての記事

低温調理器のススメ



皆さんはコロナ禍になってから自炊をしていますか?ステイホームや在宅ワークなどで家にいることが増え、家でご飯を食べることが多くなったと思います。しかし、料理をする手間や洗い物で敬遠してしまう人もいると思います。そこで今回はそんな人にこそオススメな低温調理器について紹介していきたいと思います。



・低温調理器とは

低温調理器は、50〜70℃程度に鍋の温度を保ち本格的な料理が作れるアイテムです。低温調理器を鍋にセットして加熱すると、水の温度を自由に調節できます。タイマー機能を備えた製品も多く、利便性に優れていて、放置していれば勝手に出来上がるので面倒くさがりにも安心して使うことが出来ます。


温度調節がしやすいことにより、ローストビーフやサラダチキンなど温度調節が重要な料理も調理しやすく、肉や魚を柔らかく調理したいときにも重宝します。



・低温調理器のメリット

低温調理器のメリットはまず、タイマーを設定すればほったらかししていてもプロ並みの本格的な仕上がりをいつでも作れることです。時間と温度の設定さえ間違えなければ常に同じクオリティで作れます。


また、下味を付けてジップロックに入れてそれを鍋の中に入れて機械をセットしてスタートするだけで終わりなので手間があまりなく、洗い物も少ないです。一人暮らしで自炊をやめてしまう理由は手間が多い、洗い物が面倒くさいといった理由が大半だと思います。


そして、火を使わないので自炊したことない人でも安心して使うことができます。



・実際に使ってみて

自分の場合は筋トレを始めたことがきっかけで低温調理器を買いました。サラダチキンと温泉卵ばかり作っていて、たんぱく質が固まりすぎずしっとりとした食感でたんぱく質を取ることが可能なのでとても重宝しています。それ以外にも、ローストビーフやチャーシューなどいろいろなものが作れます。



・まとめ

低温調理器料理をよくする人にもあまりしない人にもとてもオススメです!家でご飯を食べる機会が増えていますが、たまには外食して贅沢をしたいですよね。安心して外食に行けるようにみんなが中和抗体を獲得していきたいですね。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。


そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀