全ての記事

コロナ太りが気になる方必見!MCTオイルについて



皆さんはダイエットをしたことはありますか?ダイエットには主に、油ものをあまりとらないようにする脂質制限や、ご飯やパンなどの主食を食べないようにする糖質制限があります。今回は糖質制限ダイエットをする人の間で人気のMCTオイルについて話していこうと思います。



・MCTオイルとは

MCTとは、「Medium Chain Triglyceride(ミディアム チェイン トリグリセリド)」の頭文字をとったもので、日本語では「中鎖脂肪酸」と呼ばれます。中鎖脂肪酸(MCT)を多く含むオイルとしてはココナッツオイルやパームオイルが有名ですが、「MCTオイル」はこれらのオイルからMCTだけを精製して作った100%MCTのオイルのことをいいます。


では、MCTオイルは他の油と何が違うのでしょうか?


私たちに馴染みのオリーブオイルや大豆油などの植物油やバターやラードの動物性油脂に含まれる脂肪酸のほとんどが「長鎖脂肪酸」と呼ばれる、分子量が大きい脂肪酸です。長鎖脂肪酸は体脂肪として吸収され、ゆっくりとエネルギーに変わるため、摂取しすぎると肥満につながります。


バターやクリームなどの「短鎖脂肪酸」は、乳製品に含まれていて最も早くエネルギーに変換されます。


中鎖脂肪酸は、分子量が長鎖脂肪酸の半分くらいと小さいのが特徴です。そのため、分解がされやすく消化が速く、グルコースやアミノ酸と同じように門脈を通って直接肝臓に運ばれます。そして、素早くエネルギー源として使われます。その結果、体内に脂肪として蓄積されづらいので、ダイエットに効果的なオイルとして注目されています。



・MCTオイルとダイエット

MCTオイルは、消化・吸収が早く、体脂肪になりにくいのでダイエットの強い味方になります。しかし、いくらカラダに蓄積しづらいオイルといっても、カロリーは普通の油と変わらないので取りすぎには注意が必要です。


コーヒーに小さじ1杯のMCTオイルを入れて飲んだり、サラダやスムージーに入れたりして取り入れるのがおすすめです。



・まとめ

コロナ太りなんて言葉をよく聞くようになりダイエットに関心を持つ人が増えていると思います。そこでダイエットの1つの手段としてMCTオイルについて話してみました。しかし体は一人一人違い、それぞれに合ったダイエット方法があるので、1つの選択肢として考えてみていただければと思います。


一人一人違うといえばコロナワクチンを接種して、獲得できる中和抗体の量は違います。


中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。


そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀