全ての記事

こんなに簡単?意外なストレス解消法!



日常生活の中で、私たちがストレスを感じることがよくあります。最近では、新型コロナウイルスに対する不安から、より多くのストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。


今回は、ストレスの原因や解消法などをご紹介します。


楽しい人生が送れるように、原因を知って、上手にストレスを解消していきましょう。



ストレスの原因とは?

ストレスとは、心や体に圧がかかりゆがみが生じている状態をいいます。人は、人間関係や経済的状況、天候、疲労などさまざまな原因でストレスを感じます。



コロナストレスとは?

コロナ疲れの定義はなく、外出時にマスクをつけることや、外出自粛を続けること、飲食店の時短営業による不便さを我慢することなどが想定されるといいます。


新型コロナウイルスによる様々な制約を受けることのストレスで、精神的に参ってしまう状態、先の見えない不安と休職による経済的な圧迫、自粛要請によるストレスなどが原因となり、イライラが収まらない、夜寝られないなどの症状が現れる心の不調のことを指すようです。


また、内閣府が行った意識調査によるとコロナ疲れを感じると回答した人が7割を超えるとのことでした。


では、今のコロナ禍でのストレスが少ない県は?

調査は全国の男女各5万人(20~69歳)にインターネットを通じて行い、厚生労働省のストレスチェック制度に基づく設問の回答に、人口比率による調整を加えるなどして「ストレスオフ指数」を算出しました。


女性についてみると、鳥取の同指数は56・2で、2位の滋賀よりも4ポイント高かったです。新型コロナについて1都3県の女性の15・6%が「不安がほとんどいつも」と答えたのに対し、鳥取では7・5%でした。


自粛生活に対する不満の少なさは、鳥取は「現在の健康状態」(全国1位)、「プライベートの満足度」(4位)、「人とのつながり方(リアルな人間関係)」(同)で上位に入った。


リラックス方法として「同性の友人と食事」を挙げる人も全国平均より多かったです。


今この状況下でもできること、楽しいことをみつけ、少しでも心を安らかにすることによって健康面でも変化が出てくるでしょう。


最後に意外なストレス解消法をご紹介します!


それはズバリ・・・空を見上げる!だけです。


空の色は【青色=冷静、クール】の色です。


そして心理学的に考えると『人の心を冷静に落ち着かせる』作用があるのです。


そのため、もしイライラしたり何となく落ち着かない時には空を見上げてみると一呼吸置いた、冷静な判断がしやすいのでオススメです。


明るい空の青色を見た時に脈拍や血圧が下がる為穏やかになり、自然とリラックスした状態になるのです。


また、『セロトニン』という癒しホルモンも分泌されるため、心が安定して幸せを感じる事も出来るでしょう。


さらにストレスに強くなるとも言われています。


ふとした時に空を見上げた時に勇気をもらって頑張ろう!と思えた経験が一度はあるのではないでしょうか?


実は空を眺めることによってストレスに強い、と言われている『扁桃体(へんとうたい)』を活性化させる効果があるのです。


運動不足解消のためにも空を見ながら少しお散歩してみましょう。


外出する際にはウイルスの侵入を防ぐ中和抗体がどれだけ自身が持っているかを確認してみるのもいいかもしれません。


コロナ終息のカギは「身体へのウイルス侵入を防ぐ力」です。それは免疫力ではなく、「中和抗体」のことです。


ワクチン接種が終わっても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?など不安に駆られている方は少なくないのではないでしょうか。ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。