全ての記事

コロナ禍で原木が高騰中!



コロナ禍でおうち時間など、家で過ごす人が増えたため、自宅を購入する人が増えていますが、2020年から原木が高騰しています。


今起こっている木材価格の高騰は、建築用木材の供給が需要に追い付いてない状態で、1970年代に発生した「オイルショック」になぞらえて「ウッドショック」と呼ばれています。


このウッドショックはコロナと何か関係があるのでしょうか。


元々、ウッドショックは過去に2回ありました。


最初のウッドショックは1990年代初頭、マレーシアでの規制により南洋材が、アメリカの環境問題、カナダでの過伐調整で丸太が急騰しました。


次に2006年頃に新興国や中国での木座の消費が増加し、政界の木材の供給量が追い付かなくなりました。


そして今、2020年では、アメリカでコロナ禍による生産調整の中、住宅産業に勢いがつき、木材の供給が追い付かなくなってしまい2020年4月から21年4月にかけて約5倍に高騰しました。


アメリカでも需要がある中、中国でも国内需要が高まっていて、日本でも輸入数が少なくなっています。


日本での木材の自給率は全他の4割弱程度で、6割は輸入に頼っている状態なので今まさに大きな影響を受けています。




コロナウイルスのまん延で需要がある家を買えなくなってしまうと今後の生活に支障をきたしてしまいます。


今できる事は、コロナのまん延の防止になるよう、全世界でコロナウイルスのワクチンを打つべきだと思いますが、ワクチンを打っただけではまん延防止にはなりません。


ワクチンを接種したり、コロナに感染したりすると「中和抗体」というコロナに感染しづらくなると言われている抗体が作られます。この「中和抗体」こそ、コロナウイルスまん延の防止になると思います。


中和抗体を持っているとコロナに感染しづらくなりますので、自宅でできる中和抗体検査で今の抗体量を確認しませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀