全ての記事

ワクチンパスポートの活用でどんなメリットがある?



ワクチン接種を済ませた人たちが渡航の際などで活用することになるワクチン接種証明書を携帯したいという声が上がり始めている。


本来のワクチン接種証明書の活用方法は、予防接種法に基づく新型コロナワクチン接種済みの方が、海外渡航の際、渡航先への入国時をはじめ、現地での飲食店・施設の利用時等や日本への入国後・帰国後の待機期間に関する新たな措置を受ける際にも活用できるよう、新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付するもの として厚生労働省HPにも記載があり、引き続き、それ以外の目的で接種の記録の証明を必要とする場合には、接種時に交付される「接種済証」で十分であることを明記しています。


さて、ワクチンパスポートの携帯と活用はコロナ終息の道を辿る架け橋になるのでしょうか?


緊急事態宣言が解除され、飲食店等では営業再開や酒類提供の再開の動きが始まりましたが、まだまだ感染再拡大の不安がある中で、ワクチンパスポートの普及がなされればワクチンパスポート提示者しか入れない飲食店や施設が出てくるので、企業にとっても、ワクチンパスポートの提示を求めることで「感染対策を的確に行う上でサービスの提供を行う」というアピールをすることが可能になります。


サービス利用者にとっても、感染対策が徹底されている場所でワクチン接種した者だけがサービスの利用していることが分かるようになるので、不安を解消することができます。


もし酒類提供を行う飲食店がワクチンパスポートの活用がなされれば、飲食店で飲酒が楽しめるようになりますし、もし映画館でワクチンパスポートの提示が必須になれば、未接種者の入場は無くなる為、不安が少ない状態で作品をお楽しみいただけるようになりますし、もし、様々な企業がワクチンパスポートの提示を行うようになれば、様々なサービスを受けるためにワクチン未接種だった人も接種に対して前向きになります。


ワクチン接種自体は任意ではあるものの、接種により抗体ができて感染リスクや重症化リスクを回避できるので、一人でも多くの方が早々にワクチン接種を行う事が今後の感染再拡大を食い止めることが可能になりますし、自身だけではなく、周りの人にとっても安心を得られますが、ワクチン接種についても、ワクチンパスポートの活用や携帯方法にもまだまだ課題は沢山あるので、今後、このワクチンパスポートがどう活用していくのか注目していく必要があります。


動きがはやい企業では、既にワクチンパスポートの提示を必須にしています。

早々にワクチンパスポート提示の導入がなされているところでは、割引キャンペーンの適応とともに引き続き感染対策の徹底や利用者にマスク着用等の呼びかけしていますが、「おおきな安心」も提供できることが強みになるので、利用者はみな、マスクの下は笑顔で満たされています。


ワクチン接種を済ませた後もマスクの着用や手洗いうがい、手指のアルコール消毒、そして室内の換気等を引き続き行って対策を取り続ければ、皆さんの小さな努力によってコロナの終息は近道を辿ることができます。


また、これからワクチン接種をなさる方、ワクチン接種を済ませた方、過去に感染の経験をされた方、全ての人に新型コロナウイルスに対しての抗体をもっているかどうかを確認して頂けると、より安心を手に入れることが可能かと思います。


クリニックでしか確認が取れないわけではなく、ご自宅で簡単に検査が行える検査キットがあるのでそちらを活用して頂いて、ご自身の行動範囲を広げるチャンスになればと思います。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査可能。

                       

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他新型コロナウイルス関連の記事は、こちら




​​​​​​​