全ての記事

緊急事態宣言が解除された今 どうする?


9月31日を持って緊急事態宣言が解除されました。東京都内の感染者数も日に日に減り、5000人近かった人数も今では100人前後になりました。


ワクチン接種が進められている効果かと思いきや、実は違う可能性もあるのです。


PCR検査の1日の検査割合の内訳を見てみると、実費で検査している割合がほぼ0になっています。これは、自主的に検査する人が減ったこと、既に感染して2度目の感染はないだろうと症状が出ていても検査をしていない人がいることなど様々な理由が考えられます。


筆者はいきなり感染者数がこんなにも目に見えて減少していることに疑問を抱きました。一ヶ月前は病床数も確保できず、このままの状態ではまずいと政府も見解を出していたのにたった一ヶ月で状況がこんなに改善されたのは本当なのかなと少し疑ってしまいます。


もし本当にこの少ない期間で状況が変化するのであれば、なぜすぐに感染者を減らすことができなかったのか…と考えてしまいます。


また、この新型コロナウイルスの厄介な点は、何度でも感染してしまうことだと言われています。実際に芸能人でも2回目の感染や3回目の感染が報道されている人もいますよね。


感染対策を万全にし、必要最低限の人との接触にとどめていても感染してしまうというのが現状です。なので、ワクチンを接種したからと言って100%安心というわけではありません。


また、ワクチン接種で抗体を獲得できる確率も一定割合なので、人によって免疫の定着度も違うという研究が出ています。


では、緊急事態宣言が解除された今、私たちはどのように行動するのが正しいのでしょうか。


筆者は油断しないことが大切だと思います。ワクチン接種をした気の緩みからマスクを外して外に出たり、必要以上に外食をしたりというのを避けるべきではないかと思います。


政府の見解でも第六波が来るのではないかと言われていますし、今までと同様の感染対策はするべきではないかと思います。


ワクチン接種により、獲得できると言われている中和抗体というものをご存知でしょうか。中和抗体というのは簡単に説明すると、感染を防ぐ役割がある抗体のこと。体内にウイルスが侵入した際にそのウイルスを中和させる効果というイメージです。


しかし、ワクチン接種をしたからと言って100%定着するわけではありません。


では、どうすれば良いのか。まずは、ワクチン接種後に中和抗体検査を受けてみることをお勧めします。自分の体内に中和抗体ができているかチェックすることができます。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査可能。

                       

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちららお問い合わせください。


中和抗体検査をすることで皆さんの不安が少しでも軽減できたらなと思います。