全ての記事

ワクチンの接種率とともにゆるやかに上昇する○○食品と紙皿の需要


コロナ流行により、外出自粛とともに、飲食店の時短営業や休業の呼びかけが、起きたことにより、自炊する頻度が増えた…!という方は多いのでは??


時間がかかる、食器洗いが面倒…など様々な手間があり、毎日自炊するのは少し億劫に感じるがそんな手間を省いてくれる素敵な食材とアイテムがある。


クオリティが格段と上がった冷凍食品


コロナ禍の影響によって冷凍食品ブームが上がったことをご存知の方は多いだろう、メディアでも大きく取り上げられ、スーパーに出向いてみるとスーパーかごの中には冷凍食品が大半を占める方も多いではないか。


なぜそれほど注目されるようになったのか?


①    冷凍食品に利便性がアップした!

従来の冷凍食品はレンジで温めるのに容器を移し替えたりしなくてはならなかった。しかし、最近の冷凍食品は栄養バランスが考慮された上で、お弁当型になっているものが普及されていることが人気を呼んでいる。


②    安くて美味しいからついつい選んじゃう!

冷凍食品はスーパーに限らず、コンビニエンスストアでも販売の展開が急増した。美味しさはパワーアップし、手間を省くだけではなく、家計も助けてくれる冷凍食品と進化を遂げたのだ。


③    有名ラーメン店や焼肉店、牛丼屋さんも冷凍食品として誕生した!!

外出自粛や飲食店が休業になったことにより、お店の味が恋しくなる。その声に応えるべく、冷凍食品メーカーと有名飲食店がコラボする動向が高まり、消費者は喜んで冷凍食品に手を伸ばすようになった。


コロナの流行前までは「冷凍食品なんて…」と思う方も多く居たが、コロナ禍の影響で、冷凍食品の意地を見せつけられるかのようにどんどんパワーアップさせて消費者の心を鷲掴みしてくれる存在へと変わった。


冷凍食品を保管するために追加で冷凍庫を購入するご家庭もちらほらでているとのことだ。



手間を省いてくれる立役者といえば「紙皿」


紙皿もとても大活躍。いまでは一人暮らしのみならず、共働き世帯でも上手に紙皿を使って食器を洗う手間を省くとのこと。


なぜ共働き世帯が紙皿を利用することが増えたのか、実は家事の負担を減らすだけではなくこんなユニークな声が上がった。


「子供とステイホームするのに、紙皿をつかった工作や遊びを楽しむための備蓄」

「今どきの紙皿はかわいいものも多くてストックしたくなるので子供とどの紙皿を使うか決めたりする」

「耐熱仕様の紙皿が誕生したので、レンジで加熱した直後に触れても火傷しないで済むので、親子でのご飯の準備ができる」とのことだった。


アイデア次第では、食事のためのアイテムに限らないのが紙皿の素敵なところ。


冷凍食品と紙皿の組み合わせでもっとも発揮されるメリットは、「水道代の節約」との声もあり、一人暮らしから共働き世帯までこの声は多かった。


緊急事態宣言解除がなされた今でも、しばらくはこれらの需要は高いだろう。


ワクチン接種完了者がさらに増えれば、外出や外食の機会が増える可能性はあるため、引き続き感染防止対策を徹底する努力は必要だろう。


今後の再流行や自身の感染リスク回避に備えてひとつ知っておいて欲しいものがある。

それは、「体内へのウイルス侵入を防ぐ力がどれだけあるか」というもの。これは中和抗体と呼ばれ、現在注目が集まっていて、一時期はこれを検査するためにワクチン接種完了者からクリニックへの予約が殺到したのだとか。


クリニックに行く手間、時間を省いて行える中和抗体検査キットがあるので、それを活用してみてはいかがだろうか?


ワクチン接種完了者はもちろん、そうでない方や、過去に感染した経験があれば抗体ができるので、この中和抗体が獲得できていれば、感染リスクや重症化リスクを回避または軽減できるので、確かめておいて損がないのは間違いないだろう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査可能。

             

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細はこちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。