全ての記事

除菌や抗菌… 違いは何?



コロナが流行する前もインフルエンザやノロウイルスで除菌や抗菌、殺菌など菌に関するワードをテレビやお店でよく見かけます。


これらの違いはいったい何なのでしょうか?



・除菌

「除菌」は菌やウイルスを取り除いて、その数を減らすことを指します。


菌を殺すのではなく除去することを指すため、手を洗ったり、食器洗いや掃除をしたりすることも、広い意味での除菌といえるので、コロナウイルスにも有効です。


除菌作用をもつ製品には、スプレーやジェル、ウェットシート、洗剤など、たくさん種類があります。



・抗菌

「抗菌」とは菌の増殖を抑えることです。


何かしらの薬品を使って菌を殺すのではなく、菌が住みにくい環境を作ることを表していますが、経済産業省の定義では、ウイルスはその対象に入っていないので、コロナウイルスには効果がありません。


布製品やパソコン用品、便座など抗菌になっているものは沢山あり、いずれも菌が繁殖しづらくなっています。




・殺菌

「殺菌」とは文字どおり菌を殺すことです。


殺す菌やウイルスの数について、明確な定義はありません。


薬機法によって、パッケージに「殺菌」という表示ができる商品は、消毒剤や薬用石けんなど医薬品や医薬部外品のみに限られています。



・滅菌

「滅菌」とは、菌やウイルスなど、微生物の数を限りなくゼロに近づけることを言います。


滅菌前の状態から微生物の数を100万分の1以下に減らすことを指します。


医療になじみのある言葉で、手術用具や注射器などには、かならず滅菌が施されています。


コロナの感染対策になっているものが多数ありますが、その中でもワクチンを接種したり、コロナに感染した際にできる「中和抗体」というコロナに感染しづらくなると言われている抗体が作られ、一番の感染対策になると思います。


今一度、自宅でできる中和抗体検査で今の抗体量を確認しませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀