全ての記事

ワクチン接種も計画的に!!



ワクチン接種をこれから予定している方の中に


「副反応出たらどうしよう」、「副反応で熱出たらどうしよう」と不安になられている方がいらっしゃると存じますが、実際、接種前と接種後にどのような対応を行えばいいのかをお話していきます。


接種時に気を付けなければならないこと。


短期的な少量の飲酒が免疫に大きな影響を与えることは考えにくいですが、過度の飲酒は免疫機能を低下させる可能性があります。ワクチン接種後は、発熱や頭痛、倦怠感などの副反応が出ることがあり、過度の飲酒により症状がさらに強くなる可能性があるため、避けた方が良いと考えられます。また、接種当日の体調を整えるためにも、接種前日の深酒も避けた方が良いとのことで厚生労働省からの呼びかけがあります。


また、ワクチン接種は体調がすぐれているときに打つものなので、全身が衰弱している場合は接種を避けましょう。接種の前日は運動等も控え、しっかり休養取りましょう。


また、接種後の車の運転は可能ですが、体調に不安があれば控えることも大切です。


また、ワクチン接種した日の入浴について特別な問題はありませんが、注射した部位を強くこすらないように気をつけましょう。


また、接種当日と翌日は副反応に備えて、事前に予定を調整と計画しましょう。




接種直後にはどのようなことが起こるでしょうか?


接種部位の痛み:大半の方に現れる症状です。当日・翌日は腕が上がりづらくなり、基本的に2~3日でおさまります。腕の痛みに対して適度に腕を動かしたり、冷やすことは構わないとされています。


頭痛・だるさ・発熱:一部の方に起きる症状ですが、特に2回目に頻度が高くなる副反応です。基本的に2~3日でおさまります。発熱等がおさまらない場合は他に気になる症状があるかどうか確かめた上で発熱センター等の機関にお問合せが必要となります。


接種後、発熱がみられた場合


必要な場合は解熱鎮痛剤の服用は(市販薬も含め)可能ではあるが、接種直前や副作用が出る前に予防的に服用は推奨されておらず、注意するべきとのことです。


咳やのどの痛み、味覚・嗅覚がなくなる、息切れなど、ワクチン接種後の副反応としては通常、起こりにくい症状が見られる場合や、薬によるアレルギー症状やぜんそくが起きた経験がある人、妊娠中・授乳中の女性や病気の治療中の人は、市販薬を服用する前にかかりつけ医や薬剤師に相談した方がよいとのことなので、慌てずに対処しましょう。


ワクチン接種の予約は未だに取りづらいため、予定が立てづらいですが、上記3点に関する詳細は厚生労働省HPより確認が取れますので参考にしながらワクチン接種の予定の計画を行いましょう。


また、ワクチン接種後には多くの方が「抗体ができたかな?」と気になり始めます。


ファイザー製の場合、ワクチンの効果はいつから期待できるかというと、


初回接種から1週間程度で抗体ができ始め、2週間経てば感染予防効果は既に発揮されています。2回目接種から1週間程度で感染予防効果は95%に達すると見込まれています。


基本2回接種が理想ですが、1回接種でも70-90%程度の予防効果があることが報告されています。


ワクチンの効果は感染予防だけではなく、もし感染した場合に重症化する可能性を少なくしますのでワクチン接種1回目より2週間後には抗体の保有量の確認が取れますが、2回目接種後から2~3週間後に確認してみるとよいかもしれません。


自身や家族の不安を安心に変えるために、ウイルス侵入を防ぐ力がどれだけもっているか調べる方と少しは不安を解消できるかなと思います。実はご自宅でもそういった検査が行える検査キットがございます。ウイルスの侵入を防ぐ力のことを「中和抗体」と呼ばれ、中和抗体の保有量が感染リスクや重症化リスクの回避ができるものとなります。


中和抗体の保有量には生活習慣の質、ワクチン接種の有無や新型コロナの感染の有無で変わるので、どなた様でも一度は検査してみるとよいかもしれません。

抗体だけではなく中和抗体にも注目してみませんか。


中和抗体の保有量の確認により、今後の行動の計画が立てられますし感染対策、生活習慣の改善のきっかけになりますので、いかがでしょうか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査可能。

                       

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。