全ての記事

副反応に恐れないで。



コロナワクチン接種に躊躇いがまだある方の意見として「副反応が怖い」という声は一定数あるかと思います。


コロナワクチン接種に伴う副反応といえば、接種の翌日に急な発熱、筋肉痛、注射部分に対する疼痛と寒気が多く挙げられています。


早々とワクチン接種をされた方は「ワクチン接種をして抗体を手に入れたい」とお考えになられていた方もいらっしゃったと思います。


近日の研究結果では、ワクチン接種によって、感染や重症化リスクを回避できるための抗体量がしっかり獲得できていることが分かりました。


ですが現在も、強い副反応を経験した方のお話だけで切り取ってしまうとワクチン接種にはなかなか前向きになれませんし、副反応がなかった方からのお話だけで切り取ると、自身にはワクチン接種の副反応がないことを願いながら前向きに接種を考える方もいます。


コロナワクチン接種自体が「任意」であるが故に、副反応に対するニュースをネガティブに取り上げられていたことが多かったために、躊躇いが起きてしまっているのではないでしょうか?


ワクチン接種を行うことによって、感染リスクや重症化のリスクを下げてくれることが具体的に分かれば、もっと前向きになれるかと思います。


筆者自身も躊躇いを持っていましたが、ワクチン接種を済ませた両親から、

「ワクチンで副反応が起きるのは、体が闘っている状態なのよ」というぼんやり噛み砕いた言葉を頂いたことにより、ワクチンの効果や副反応について詳しく調べてみました。


コロナワクチン接種の副反応のみならず、感染に係る研究は日々進んでいて、現在は厚生労働省のHPでもワクチン接種の効果の高さについて記載があります。

(参照元:厚生労働省HP)


ワクチン接種に伴う副反応自体は、【ワクチンに反応している証拠】なので、慌てずに様子を見て頂きながら、2日以上発熱が続くようであれば、主治医や自治体の窓口にご相談が必要になるとのこと。


近日まで進めていた研究の中には、年齢や性別、生活習慣などで抗体の増え方に違いが出る事もわかっていて、全くお酒を飲まない人に比べ、毎日飲酒する人は、20%くらい抗体の量が少ないということもメディアに上がっていました。


生活習慣によっても、獲得できる抗体量に差があることが分かりましたが、抗体がつきにくい方でも、ワクチン接種によってウイルスと闘うための十分な量の抗体ができる事がわかってきているので、躊躇いがあった方にも積極的に接種してほしいとのこと。


注目すべきところは【中和抗体】で、体内にウイルスの侵入を防ぐ力が必要との事です。

コロナワクチン接種をされた方、これから接種行う方には1度検査してみてはいかがでしょうか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点はこちらからお問合せください。