全ての記事

コロナ禍で各業界が「バーチャル」に目を付けた!



皆さんは最近「非日常的経験」や「仮想的空間への没入」の体験はされているだろうか?


筆者の考えとして、【休日にお出かけをすることは「非日常的経験」をすること】と考えます。


おでかけをすることでしか得られない様々な体験も大幅に機会が減ったと感じます。


そんな中、各業界がさまざまな工夫をしています。


それは「バーチャル体験」というものに非常に力を入れているみたいですが、リアリティをとことん追求したバーチャル体験がブームを巻き起こしています。


「バーチャル」とは「仮想的」を意味し、筆者もバーチャル体験が大好物で、特に【映画館】で気軽に、一番身近に得られるこのバーチャル体験を時々味わっています。


このコロナ禍でさまざまな非日常的経験をして頂くにあたって、サービス業では感染対策の一環で

「従業員の定期的な抗原検査やPCR検査」「出入口の手指消毒と検温の徹底」などをおこなっていることは皆さんもお分かりの通りだ。


それでも外出を控える人たちにどうにか少しでも体験すべく、バーチャル体験で何ができるのかを知って頂きたい。


例えば、映画館の場合、どれほどの体験ができるかというと映像が飛び出すだけではなく、シーンに合わせてそれぞれ雨や強風、霧などの天気を体感させる「水しぶき」「風」「霧」を感じる事が出来るだけではなく、爆発シーンやカーチェイスシーンで臨場感を感じさせるために座席から「振動」「突き上げ」。また、シーンに合わせた様々な光の色を駆使した「フラッシュ」そして「香り」などたくさんの演出によって、作品を楽しむことができます。


このように臨場感あふれる演出こそ【仮想的な空間】に没入することができます。


その他にも地方の方々に東京観光を楽しんでもらう為のVR映像が鑑賞できたり、VR映像を使ったアトラクションパークが増え、旅行業界ではオンライン体験旅行を積極的に取り入れる等ではとどまらず、とある科学博物館では、自宅でも展示が楽しめるよう3DビューとVR映像を掛け合わせて楽しめるように工夫が施されていますし、学生たちの為にバーチャル修学旅行プログラムが作られたりしています。


中でも注目を浴びたのは、東北で開催されていたロードレースサイクリングの大型イベントも中止になってしまったものの、バーチャル体験にシフトチェンジした。その内容も映像を見ながら固定式自転車に乗ってペダリングするのに道の勾配を感じさせるためにペダルの負荷が映像に合わせて調節がなされたり、速度に応じて風を感じられる送風機の調整もされるとのことで自転車愛好家たちもこれまでにない、よりリアリティを追及された新感覚を体感出来たことに関心が高まっている。


コロナ禍によって外出自粛によるストレスは老若男女を問わずに起きていて問題になっている中、こういったご自宅や近場で仮想的空間に入ることや非日常的空間に入ること心身の健康を保つことと、正しい知識を持って徹底された感染対策も我々の課題の一つになると筆者は考える。


皆さんは、コロナが終息されたら、どちらにおでかけされたいですか?


そんな想像を膨らませながらご自宅や近場で仮想的空間を経験していきませんか?


終息はいつなのかと待つばかりではつまらない日常を淡々と過ごすことになってしまう。



取り戻したい【日常】を手に入れるという動機でワクチン接種を行った方も中にはいるのではないでしょうか?


ワクチン接種率も少しずつではあるが、上昇傾向にある。


それは我々がコロナウイルスと戦う上で必要な【装備】であるが、本当に必要な装備というのは

ご自身の【ウイルス侵入を防ぐ力】ではないでしょうか?


ワクチン接種したけど、抗体ができたのかを知りたい。

ワクチン接種したけど、不安が拭えない。


そんなみなさまに中和抗体検査キットを活用して頂きながら、引き続き感染対策を行って非日常的経験や仮想的空間の没入をしてみたらいかがでしょうか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。