全ての記事

コロナで変わった自販機が登場!



コロナ禍に入ってから、一風変わった自動販売機がたくさん出てきているのをご存じでしょうか?


北海道ではカルビや鮭の切り身、ケーキ、鯛焼きなどの自販機、岩手ではクレープや冷麺などの自販機、大阪では焼き鳥などの自販機、他にもいろいろあります。


こういった自動販売機がなぜ登場したのでしょうか?


元々、日本は世界有数の自販機大国といわれていて、現在では全国に約400万台もあるそうです。

普及台数こそアメリカには負けていますが、人口比にすると世界一の多さであることに加え、他国では別々の自販機で売られることが一般的な、温かい飲料と、冷たい飲料が一つの自販機で売られるなど、高い技術力があります。


また、海外では治安の問題で自販機が屋外に置かれていないので、そういった面でも優れています。


しかし、コンビニの増加やコンビニコーヒーの発達により、10年前より自販機が約100万台も少なくなってしまいました。


そんな中で、新型コロナウイルスの影響で自動販売機の多い観光地やオフィス街の人手が減り、売り上げが減少しています。


一方で非接触型の販売が可能などのコロナ禍ならではの強みが見直されており、飲料各社や自販機メーカーだけでなく、業時間短縮を求められたり、対面販売を中止・自粛したりするなど、通常営業しにくい環境が続いている店側にも注目されています。


テイクアウトや宅配と比べて、人件費もかからないし、予約の手間などがなく、好きな時間に買えるといったメリットが多くあります。



まとめ

飲食店が厳しい規制をかけられている中でこういった工夫や努力は本当にすごいと思います。仕事終わりや学校帰りに焼き鳥やクレープなどの自販機を見たらとても購入したいと思います。また、夜食にもいいですよね。ですが、お店で食べられるようになるのが一番だと思います。皆さんは感染症対策出来ていますか?手洗いうがい、消毒、ワクチン接種。


ワクチンを接種することで「中和抗体」を獲得でき、コロナに感染しにくい、重症化しにくい体にしてくれます。「中和抗体」を持っているか確認出来る中和抗体検査キットがお勧めです。



サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


病院に行く手間もなくその場15分で検査ができ、痛みもないので高齢者や子供でも検査ができます。

サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀