全ての記事

“抗体”と“免疫”の違いは?



コロナウイルスのまん延や、ワクチン接種の普及により「抗体」や「免疫」というワードをよく聞くようになりました。


メディアやSNSで一緒に話されているので同じものかと思いますが、実は全く違います。


今回は抗体と免疫の働きや違いについてお話していきます。


人にはそれぞれ「自然免疫」という生まれつき体に備わっている免疫があり、ワクチンを接種したり、コロナに感染したりなど、一度体内に入ってきたことがある病原菌に対して記憶する「獲得免疫」があります。


私たちの体に入ってくる病原体(ウイルス)を抗原というのに対して、抗原に対して攻撃するものを「抗体」と呼びます。


抗体とは、「免疫グロブリン」というタンパク質で、侵入してきたウイルスから体を守るために体内で作られる物質のことです。


ウイルスにぴったり合う抗体を作ることで、侵入してきたウイルスを排除することができます。




抗体の役割は、侵入してきた抗原と結合して周囲を取り囲み、毒となる部分を隠して動けなくし、細菌が作り出す毒素も無毒化します。


この作用を「中和作用」といいます。


つまりは「免疫」から「抗体」が作られ、ワクチン接種やコロナ感染後に中和作用をしてくれる抗体があると、抗体があると感染しにくく、重症化もしづらくなります。


また、この作用をしてくれる抗体「中和抗体」は、いつかはなくなってしまいます。


「中和抗体検査」で今の抗体量や、今体内に中和抗体があるかを確認し、次回のワクチンの接種や海外渡航、旅行の際に使用し、判断材料にしましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


病院に行く手間もなくその場15分で検査ができ、痛みが少ないので、高齢の方や小さなお子さんにも使用できます。


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


使用感など、同封されているものは「中和抗体検査 実際に使ってみた」をご確認ください。


今の日本は「コロナとともに生きる」方針になりました。


今までと変わらずのマスクの着用、手洗いうがい、アルコール消毒の徹底をして、過去に暮らしていた「いつも通りの生活」に戻れるよう全員で協力しましょう。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀