全ての記事

コロナ禍 人々はどう考えている?



日々ニュースやテレビ番組で専門家が新型コロナウイルスに関する討論を行っていますが、中々、個人個人が今のこの状況をどう考えているのか知る機会は少ないですよね。


コロナがいつまで続くのか不安ばかりなのは私だけ?と感じている方もいらっしゃると思います。


今回は、今の世の中について人々がどう考えているのかということをお話しします。


Q:今の世の中についてどう思いますか?


Aさん

うーん…判断が難しいというか、、、良いところも悪いところもありますよね。

例えば、通学や通勤にかかる交通費は最小限で済みますし、家族と過ごす時間が増えたというのも良いことだなと感じています。

でもその反面、いつも目につかなかったことが気になるようになって同居人と喧嘩が増えたり、イライラしたりということが増えたかもしれないですね。


Bさん

自分は今年大学に入学したのですが、コロナ禍によりサークルや部活動の説明があまりなくて不安を抱えたままサークルに入って、活動に参加しずらい感じがします。アルバイトに関しては自粛期間で短縮営業になったので早く上がれてラッキーかなっていうのはありますね。あとは、高校生だった時に学校が休校期間にあたったので運動するようになりました。


Cさん

自分は今、大学三年生なのですがこの二年間ほぼ全く学校に行けず、友達に会えない日々が続きだんだん寂しさを感じています。

出かけることもできず、ワクチンを打って少しは生活しやすくしたいと思ったのですが、主治医の先生に血栓症のリスクが人よりも高いからワクチンは打てないと言われてしまいました。人よりも感染リスクを避けて行動しないといけないのでその分不安も大きいですね。


Dさん

私は、この自粛期間で昔辞めてしまった趣味が復活しました。というのも以前はギターに熱中していたのですが仕事をするようになって時間が取れず物置に入れてそれっきりに…。在宅ワークになってまとまった時間が取れたのでまた趣味を始めました。趣味に没頭しているので寂しさは感じないですが、いつになったら自粛が明けるのかなという気持ちはあります。


いかがでしたでしょうか。このように老若男女問わず多くの人が読者の皆さんと同じように不安を抱えて生活をしているのです。あなただけではありません。


みんなで一丸となってコロナを乗り越えましょう。


ここで少しでも皆さんの感染の心配を軽減するために中和抗体についてのお話をします。


中和抗体というのはワクチン接種により獲得できる抗体の一つで、その抗体の中でも感染を防ぐ効果を持っているものになります。


皆さんは抗体検査というものをご存じでしょうか。これは過去に感染したかどうかを調べるものなのですが、ワクチンを接種した状態で抗体検査を行うと過去に感染をしていなくても体内に抗体ができる状態になるのでウイルスが体内に入ったと判断され要請になってしまうのです。これをできた抗体別に検査できるようにし、最近注目を浴びているのが中和抗体検査です。中和抗体検査を行って陽性と出ると体内に感染を防ぐ抗体ができているという一個の目安になります。


少しでも興味を持った方はぜひ中和抗体検査で検索してみてください。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀