全ての記事

コロナでラムネ産業が衰退!?



夏祭りの定番でおなじみのラムネ。


実は、誰もが知っているこの懐かしのラムネがコロナ禍により無くなってしまうかもしれないと言われています。


今回はラムネ産業とコロナについてお話したいと思います。


夏祭りを想像してみて下さい。


焼きそばや綿あめやいろいろな屋台が出ている中で、ビールを片手に枝豆をつまんでいる大人をうらやましそうに子供が見ていると、しょうがないなと言わんばかりに子供に買ってあげるあのラムネ。


皆さんも一度はあの中に入っているビー玉を必死に取ろうとしたことがあるのではないでしょうか。


そんなラムネがもしかしたら近い将来姿を消すのではないかと言われています。


実はコロナ禍によりラムネ産業が衰退してしまっているのをご存じですか。


近年、ガラスの瓶に入っているラムネはだんだんとなくなり、最近ではほとんどがプラスチックの容器に入っていますよね。


広島で90年も続く瓶ラムネの製造の会社は、新型コロナウイルスの流行に痛手を受け、今年の一月にその長い歴史に幕を下ろしました。


しかし、これだけではなく新型コロナウイルスの自粛の影響を直に受けて、ラムネ産業から撤退する会社は後を絶ちません。


その原因というのも、夏祭りがなくなってしまったことが大きいようです。


確かにいくら屋外ではあっても、公園などの空間にあれだけの人数が集まるとやはり感染リスクは格段に上がることが予想できます。そのため、各自治体も夏祭りの中止を余儀なくされたというのが実態なのでしょう。


行き場のなくなったラムネたちはスーパーマーケットやコンビニなどで売られますが、特別な行事でこそ活躍する飲み物ですので、なかなか購買意欲を掻き立てることは難しいのです。


このような状態が新型コロナウイルス流行時から続き、今現在経営が苦しいという事業が相次いでいます。


では、いつになれば夏祭りなどの行事が行えるようになるのでしょうか。


そのポイントになってくるのが中和抗体です。


中和抗体は、ワクチン接種により体内にできる抗体で、この中和抗体ができることで感染を防ぐことが可能になるかもと期待されている抗体になります。


もちろん抗体というのは目で見ることはできませんので検査が必要になってきます。


どこで検査できるの?興味を持った方はぜひご自身で中和抗体検査センターと検索してみてください。


そこまで足を運んで検査するのは難しいという方は、サステナブル・プランニングが提供する中和抗体検査をチェック!!


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀