全ての記事

「ワクチン差別」本当にある?



コロナに感染した人の「村八分」や「コロナハラスメント」、「ワクチンハラスメント」など、コロナの影響で「差別」とも言える言動を行う人が増えてきています。


SNSやメディアでコロナについての話題を取り上げられていますが、科学的根拠のないものも含まれていて、情報に惑わされいつの間にか自分が「差別」の当事者になっている…なんてことも今後あるかもしれません。


今回はコロナに関する差別についてお話してきます。


「副反応が怖いからワクチンを打たない」と会社で実施する職域接種を拒否した人が、後に「協調性が無い」「一緒に仕事をしたくない」と思われてしまう…なんてことが予想されますが、ワクチンの接種は“絶対”なのでしょうか。


厚生労働省のHPによるとワクチン接種は「努力義務」とされています。


努力義務とは「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定のことで、義務とは異なります。


ワクチン接種は感染症の緊急のまん延防止の観点から行うものであって、国民1人1人に接種に協力をしてほしいという趣旨で「接種を受けるよう努めなければならない」という、予防接種法第9条の規定が適用されています。


接種は強制ではなく、最終的にはあくまでも本人が納得した上で接種を判断することになりますので、自分自身の体質や持病なども考慮して接種をしなければなりません。




ですので、今回のワクチン接種は「接種しなければ違反」なんてことは無く、接種するかしないかは自分自身の判断になります。


またワクチン接種や感染者、濃厚接触者に対して偏見や誤解に基づき差別を行うことは許されていません。


国や各都道府県の自治体が提供する正確な情報を確認し、「何が真実か」を見極めましょう。


また、過去に感染していたり、ワクチンを接種すると「中和抗体」が獲得できます。


中和抗体が体内にあると、ウイルスのタンパク質に作用するので、コロナに感染しづらい、または重症化しづらい体になりますので、今体内に中和抗体があるかを確認しましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


今後コロナストレスから解放されるためには「中和抗体」がカギになるかと思います。


中和抗体が皆さんに保有されれば感染が広まることが無くなり、今より格段に落ち着いて生活できるかと思います。


まずは中和抗体検査で今中和抗体があるかを確認し、次回のワクチンの目安や旅行の判断材料にしましょう。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀