全ての記事

冬場の感染対策!どう乗り切る?


寒さが厳しくなり、ご家庭での感染対策もガラッと変わります。


ワクチン接種をして安心!…というにはまだ早いかもしれません。

寒さが厳しくなると空気は乾燥しやすくなるため、季節性ウイルスも流行り始めます。

感染対策に油断は禁物!と分かっていてもどうしたらいいのでしょう?


今回はご家庭でできる冬場の感染対策をお話していきます。


本来は、季節を問わず、新型コロナウイルス対策には、こまめな換気が重要です。



<窓開けによる換気のコツ>

窓開けによる換気は、対角線上にあるドアや窓を2か所開放すると効果的な換気ができます。また、窓が1つしかない場合は、部屋のドアを開けて、扇風機などを窓の外に向けて設置しましょう。



<一般家庭でのエアコン使用中の換気>

一人暮らしの場合は、新型コロナウイルスの感染リスクは低いので、エアコンを優先しながら24時間換気システムや換気扇を活用して、最小限の換気を確保しましょう。


窓開けによる換気を組み合わせる場合も、夏場は外気温との兼ね合いです。外気温の低い朝や夕方以降などに、窓開けを行い、換気時間を多く取るなど、室温が上がらないよう工夫いただくことを推奨します。


また、室温が上がりすぎないようにすると窓を十分に開けられない場合には、換気不足を補うために、HEPAフィルタ(※)によるろ過式の空気清浄機を併用することが有効です。



<冬場における換気の留意点>

・窓開けを行うと、一時的に室内温度が低くなってしまいます。暖房器具を使用しながら、換気を行ってください。


・暖房器具の近くの窓を開けると、入ってくる冷気が暖められるので、室温の低下を防ぐことが可能。なお、暖房器具の種類や設置位置の決定に当たっては、カーテン等の燃えやすい物から距離をあけるなど、火災の予防に留意してください。


・短時間に窓を全開にするよりも、一方向の窓を少しだけ開けて常時換気を確保する方が、室温変化を抑えられます。この場合でも、暖房によって室内・室外の温度差が維持できれば、十分な換気量を得られます。


・人がいない部屋の窓を開け、廊下を経由して、少し暖まった状態の新鮮な空気を人のいる部屋に取り入れることも、室温を維持するために有効です。


・室温を18℃以上に維持しようとすると、窓を十分に開けられない場合には、換気不足を補うために、HEPAフィルタ(※)によるろ過式の空気清浄機を併用することが有効です。


現代では、加湿器、除湿器、空気清浄機それぞれの機能が備わっているものもありますので

室温や外の気温に合わせて機能を使い分けてあげましょう。



まだ、そんな器具がない!という方はそろそろ検討と購入をしてもいいころだと思います。

さて、換気方法を確認できたところで、

もうひとつ確認してほしいものがあります。それは体内にウイルス侵入を防ぐ力があるかどうか…です。


ご自宅でたった15分で結果がわかる、中和抗体検査キットにて、お調べが可能です。


ぜひ、それを調べてもうひとつの安心を手に入れながら

冬場の感染対策も徹底していきませんか??


サステナブルプランニング社で提供しているBiosis Healing社製の中和抗体検査キットなら、

トップクラスの検査精度97.4%です。

中和抗体検査キットの購入は、こちらから!