全ての記事

きっかけはコロナ!



新型コロナウイルスの流行のきっかけによっておおきく変わったことは多くあります。

それって、不便なことばっかり…??

収束の目処が立たない新型コロナウイルスの流行でどう変わったかみていきましょう。


コロナウイルスの流行がきっかけで我々の衛生状態は大幅に良い方向へ転換されています。


商業施設等の衛生面管理

2020年では、スーパーで感染者が出ると一時休業に追い込まれるというケースもありました。そういったことも影響して入店時のマスク着用やアルコール消毒を呼びかけるようになりました。スーパーコンビニをはじめとして、や商業施設ではどこに行ってもアルコール消毒液が入り口に設置されている光景が今では当たり前になっています。



「新しい生活様式」によるご家族の関係性

一時は「コロナ離婚」などネガティブな話題も多数ありましたが、リモートワークやオンライン授業などの外出を控えた形での生活にシフトしたのも今年の大きな特徴といえるでしょう。子供もお家で遊ぶようになり子育てとリモートワークの両立という新しいスタイルも広がり、おうちで過ごすのに沢山の工夫がなされるようになりました。長期的な帰省から短期帰省やオンライン帰省へ遷移され、それによってコミュニケーションの頻度が増えたというご家庭も増えました。


家の中での衛生管理を徹底とともに整理整頓

衛生志向の高まりで、家の中に新たなスペースを作ったり、改善したりとおおきく変化がみられたご家庭も多いと思います。


使い捨てマスクの収納にも使える収納アイテムや、見た目がシンプルで使いやすい除菌スプレーの容器、あるいは急増した衛生関連アイテムの収納の仕方などのノウハウも数多く共有され、コロナがきっかけで新たに購入したもの/買い替えたものには衛生関連のアイテムのマスクや除菌スプレーはもちろん、掃除機や加湿器、空気清浄機、エアコンなど住環境の清潔さを保つ家電が多く購入された。さらに新築やリフォームのタイミングがあった家庭では、除菌を設備として導入するケースもみられた。


整理収納について取り組んだこととして、「持ち物全般の見直し・処分をした」と回答。「クローゼットや押し入れの整理」「収納スペースの見直し」の実施をするご家庭も。

ステイホームにより、「不用品処分」や「収納の見直し」など、「家をキレイに整えること」に取り組んだ事がわかる。


特に複数人と同居する家庭においては、家がキレイに整っていることは、自分自身や家族の心の衛生状態を健やかに保つためにも重要な課題なため、その最初の大きなステップとして、家で過ごす余暇を「整理整頓」や「不要物の処分」に充てられていると考えられる。


 しかし、一時的なキレイは、家で過ごす時間が増えた新しい日常ではサステナブルではない。掃除機の買い替えや収納の見直しも行われたのは、キレイな状態を無理なくキープするための手段の一つとして選ばれたからだと考えられる。


「おうちごはん」で健康食を選ぶきっかけや自炊する時間が増加


 「家での食事頻度が増えた」というご家庭や一人暮らしの方々も増加傾向にある。SNSでは「おうちごはん」というタグがついた投稿数が2020年に急増した。


 食事にまつわる新たな習慣としては、「テイクアウト」や「食材のストック買い」の中でも、野菜が多く含まれたものを採択されたり、デリバリーやお取り寄せなども含めて、家の中での食の習慣の多様化が進んだ。


このようにコロナがきっかけでどんどん人々の意識には変化がもたらされている。


薬箱の中に簡易的に行える「抗原検査キット」を常備するご家庭も急増中です。


ワクチン接種も進んでいる今日ですが、やはり

ワクチン接種が終わっても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?

など不安に駆られている方は多いのではないでしょうか。

ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀