全ての記事

コロナ禍のストレス どのように解消している?




内閣府によるとコロナ疲れの定義はなく、外出時にマスクをつけることや、外出自粛を続けること、飲食店の時短営業による不便さを我慢することなどが想定されるといいます。


新型コロナウイルスによる様々な制約を受けることのストレスで、精神的に参ってしまう状態、新型コロナウイルス感染の猛威の中、先の見えない不安と休職による経済的な圧迫、自粛要請によるストレスなどが原因となり、イライラが収まらない、夜寝られないなどの症状が現れる心の不調のことを指すようです。


流行が続いている中、私たちは長期間、不安にさらされています。その中でつらさを感じたり、怒りがこみ上げてきたりするのはごく自然なことです。市区町村や厚生労働省のホームページなどで信頼できる情報を入手し、適切な行動が取るようにしましょう。


感染の不安、将来の不安など様々な不安が頭をよぎることは自然なことです。困難な状況で自分の気持ちとうまく付き合っていくために、自分に合ったリラックス法を取り入れていきたいですね。


コロナ渦のストレスの対処法



先ずは睡眠、食事、運動3つを見直したいです。

睡眠覚醒のリズムを保つことが大切です。良質な睡眠をとることがストレスの緩和につながります。毎朝一定の時刻に起きることで、体内時計のリズムをととのえましょう。また良質な睡眠をとるために、ぬるめのお湯につかって体を温めると、副交感神経が優位になってリラックスして寝つきがよくなり深い睡眠が得られるみたいですね。


食事バランスも重要です。ビタミン・たんぱく質をしっかりとり糖質をむやみに増やさないようにしましょう。ストレスがたまるとストレスホルモンが増えて、血糖値があがりやすくなると言う研究結果もあります。(疲れやすさや肥満にもつながります)


適度な運動も大切。からだを動かすと、骨格筋の緊張がとれてリラックスします。できる限り有酸素運動をとりいれて笑顔ですごしていきたいです。


考え方ひとつでそれをストレスに感じるかは人それぞれだとは思いますが、ひとは自分のために何かをするよりも、だれかのためによいことをした方が幸福感を得られると思います。


例えば1週間によいことを5つしたひとは、特に何もしないひとよりも、幸福感が高くなった、という研究があります。




最後にコロナ渦によるストレスはたくさんあるとは思いますが、最低限の感染予防はやっていきたいですね。


・「手洗い」や「咳エチケット」 など

・不要不急の外出を避ける

・飲酒を伴う懇親会等

・大人数や長時間におよぶ飲食

・マスクなしでの会話

・狭い空間での共同生活

・こまめな換気

・3密の回避

・こまめな消毒

・コロナウイルスに対して中和抗体があるか確認



「感染しない!」「感染させない!」ために、「新しい生活様式」を取り入れた1人ひとりの思いやりのある行動が感染予防対策につながります。


私たちの生活は、お互いに様々な方々により支えられています。正確な情報を得て、感染に関する誤解や偏見を防いでいきたいです。


ストレスフリーの生活を送るため、自宅で簡単に確認出来る中和抗体検査キットをお勧めします。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは 


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。 

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点 

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み 

■トップクラスの精度97.4% 


病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。 


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査はこちらからお問い合わせください。 


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀