全ての記事

コロナワクチンが効きづらい?



コロナウイルスワクチンが効きづらいと聞いたら少しびっくりしてしまいますよね。

今回はワクチンが効きづらい人の特徴についてお話していきたいと思います。


肥満の方はアメリカの大学研究グループの調査によるとBMI(体格数)が30%以上の人はそうでない人に比べてコロナウイルスの罹患リスクが46%高いことが判明しました。


海外の論文では肥満がコロナウイルスワクチンの効果を減らす要因として指摘されています。


体重が増える程抗体価が抑えられて生体の免疫反応が起こりにくくなると考えられています。


例えば、インフルエンザワクチンはBMI 30以上に人には効かないことがわかっています。


なお、日本人は世界でも肥満率が少ない国としてされていますが、肥満率の割合は男性3割、女性が2割です。


また、喫煙をする人も注意が必要です。


国内の病院研究チームの調査によれば喫煙者は非喫煙者に比べて抗体価が35%低かったことがわかりました。


喫煙はあらゆる病気の危険因子があってがんを招くことなどが知られています。


たばこを吸うと体内の細胞が劣化してしまいます。


そのため免疫機能も低下し、ワクチン効果も低下してしまうとされています。


肥満、喫煙と来たら飲酒も気になるところだと思います。


国内の大学医学部付属病院の調査では飲酒を週5回する人は飲酒しない人、または週2~3日程度嗜む人に比べて20%抗体の総量が低いことがわかっています。


このようなさまざまな生活習慣をこのステイホーム中に見直して自己防衛力を上げながら健康な身体を目指していきたいですね。


ただ、いくら気を付けていても病気にかかってしまうこともありますよね。


特に今はコロナウイルスの影響で敏感になっている人は多いのではないでしょうか。


ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体を今自分は持っているのか、いつまで抗体が持つのかと

ワクチンを打った後気にしている方は多いと思います。


そんな時に役立つのが中和抗体検査キットです。


ご自宅で結果がわかり、簡単に検査できます。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査ができ、痛みもないので

   高齢者や子供でも検査ができます。


製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀