全ての記事

ワクチン接種の副反応によって鎮痛剤が品薄に…?



新型コロナウイルスワクチン接種率が日に日に増えていき、日本では50%を超えてきました。

副反応を気にしている方も多いのではないでしょうか。


ワクチンの副反応は主に発熱、頭痛、倦怠感、身体の痛みなどがあげられているのは皆さま既にご存じだと思います。


ですが、副反応があるということは体内で中和抗体を作ろうとしている免疫機能の現れなので

そうした副反応が強く出るほど抗体価が上がりやすいそうです。


変異株の影響で自宅療養を強いられている方々も多くなり、鎮痛剤や解熱剤を使用する方も多く見受けられます。


そんな中、薬局の鎮痛剤が品薄になっている地域もあるようです。


心配になってしまう方の気持ちはわかりますが必ずしも副反応が起こるわけではないので

多く備蓄しすぎないように注意したいところです。


デルタ株はワクチン接種をしていても感染する可能性があり、

ワクチンを打ったからといって安心できる世の中になるにはまだ遠いかもしれないですね。


コロナとの共存はまだまだ続きそうなので、これまで通り感染予防対策を徹底していきたいところです。



まとめ


個人的主観ですがワクチンを打ったからといって必ずしも副反応が出るとは限らないと思いますので

薬の備蓄のしすぎは薬局にも良くない影響を及ぼしてしまうと思うので

買い溜めには注意が必要と思います。


前述した通り日本では約半数以上の方が新型コロナウイルスワクチン接種を受けていますが

いつまで中和抗体が持つのか、またはもう中和抗体がなくなってしまっているのでは?

と心配になっている方は多いのではないでしょうか。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

病院に行く手間もなくその場15分で検査ができ、痛みもないので高齢者や子供でも検査ができます。


中和抗体が体内にあるかどうかがご自宅で簡単に検査できます。

ワクチン接種後自分が中和抗体を維持して持っているのか気になっている方は

チェックしてみてはいかがでしょうか。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀