全ての記事

ワクチンパスポートは必須になる?



ワクチンの接種人数は国民の半数を超え、政府は3回目の接種を行う方針を固めました。

国から配布されるワクチン接種証明書は2回目の接種が終わってから申請する形になります。

海外の渡航以外にも今後必要になる可能性があります。


今回はワクチン証明書の必要性をお話していきます。


8月下旬時点で、日本に入国する際にワクチンパスポートは使えません。


接種証明書の有無や国籍にかかわらず、出国から72時間前以内のPCR検査や抗原定量検査結果の提出や、検疫所が確保する宿泊施設での待機などをしなければなりません。


ですが、日本のワクチンパスポートがあると入国時の新型コロナ関連の検査や隔離に関する優遇措置を受けられる場合があります。


9月1日時点ではドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、トルコ、香港、ベトナムなど約30の国と地域で、防疫措置の免除や緩和を受けられますので、渡航をお考えの人は申請しておいて損はないと思いますが、今後ワクチン証明書が国内利用される可能性があります。


国内の旅行や帰省などの規制緩和や飲食店での酒類提供、イベント会場・スポーツ観戦などの人数制限の緩和など、利用者にメリットがある様々なサービスが期待されます。


また、2021年9月に新設された「デジタル庁」でデジタル化される予定なので、紙を持ち歩くことなくいつも自分の近くに置いておけます。




ワクチンを接種するとコロナウイルスの毒素を中和する「中和抗体」が体内に作られ、感染しにくい、重症化しづらい体になります。


今後、国内利用されることを想定し、ワクチンを接種し早めにワクチンパスポートの申請をしましょう。


また、中和抗体がなくなってしまうとまたコロナに感染してしまうので、「中和抗体検査」で今体内に中和抗体があるかを確認し、次回のワクチン接種の目安や渡航、国内旅行の判断材料にしましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


病院に行く手間もなくその場15分で検査ができ、痛みもないので高齢者や子供でも検査ができます。


製品に関してのご不明点はこちらからお問合せください。


withコロナに向けて国や私たち1人1人がより「コロナをまん延させないか」気を付けなければなりません。

まずは中和抗体検査でウイルスを運ばないかを確認しましょう。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀