全ての記事

夏休みが明けて…



夏休みが明けてから2週間程が経過して子供たちの新型コロナウイルス感染者数が急増しています。特に沖縄の方では9月6日~12日のコロナ新規陽性者数のうち、10代以下が3割以上を占めるという状況のようです。


そこで、新型コロナウイルスの潜伏期間や感染可能期間について話していきたいと思います。



・新型コロナウイルスの潜伏期間

新型コロナウイルスの潜伏期間は1~14日間ほどとされており、多くの場合、感染から5~6日程度で発症します。

そのため、感染者や濃厚接触者に14日間の隔離期間を必要としています。



・新型コロナウイルスの感染可能期間

新型コロナウイルス感染症は通常のウイルス感染症とは異なり、まだ症状が出ていない潜伏期間中の感染者からも他者へウイルスが感染する可能性があるといわれています。

感染者がほかの人に感染させてしまう可能性がある具体的な期間は、発症の2日前から発症後7〜10日間程度とされています。

発症前の感染者や、無症状の感染者からも感染する可能性があるため、日ごろから予防や対策をしていくことが大切です。

また、新型コロナウイルスの感染経路は、感染者のくしゃみ・咳・唾液などに含まれたウイルスを吸い込むことで感染する“飛沫感染”と、感染者が飛沫のついた手で物を触ることによって物にウイルスが付着し、その物を触った人が手で口・鼻などを触ることにより粘膜から感染する“接触感染”という2つが確認されています。



・まとめ

夏休みが明けてから2週間程経ち、夏休み明けすぐに新型コロナウイルスに感染した方々の潜伏期間も明けて、回復していると思います。

新型コロナウイルスから回復することや、ワクチンを打つことによって、中和抗体を獲得することが出来ます。

中和抗体を獲得できると、新型コロナウイルスに感染しにくい、重症化しにくい体になります。

今、自分は中和抗体を獲得できているのか確認してみませんか。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査はこちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀