全ての記事

ワクチンの血栓症リスクはどのくらいあるのか



2021年9月現在、ワクチンの接種は日本国民の半数を超えました。

ワクチンを接種すると血栓症のリスクが増える…と聞き、

ワクチンの接種に戸惑っている人も多くいるかと思います。


今回はワクチンの接種の血栓症リスクやそのほかの副反応についてお話していきます。


ワクチンの副反応は50%が接種部位の痛み、疲労感、

頭痛、筋肉痛などが出るとこが確認されていて、稀に吐き気、嘔吐、

接種後7日以降の接種部位の痛みや腫れ、ごく稀にアナフィラキシーが発生したことも確認されています。


ワクチンの接種前には問診があり、当日の体調を医師にお話しできる時間がありますので、

少しでも異変を感じたらきちんと伝えましょう。

ワクチン接種の様子は「ワクチンの副反応は?」をご覧ください。


ではメディアでよく聞く「血栓症のリスク」はどのくらいあるのでしょうか?




アストラゼネカ社のワクチンでは、稀に珍しいタイプの血栓症が起きるという報告がありますが、

適切な診断・治療方法も報告されています。

ファイザー社やモデルナ社のmRNAワクチンでは、現時点では同様の血栓症と

関連性があると評価された事例は確認されていないとのことです。

日本でもアストラゼネカ社のワクチンは接種されていて、

ファイザー社やモデルナ社のワクチンにアレルギーがある人を例外に原則40歳以上の方が接種可能です。

イギリスで若い女性に血栓症が起きやすいが判明したことから、

日本で40歳以上の方を対象にしています。


血栓症の発症を心配し、ワクチンを打つのを考えている人は多数いるかと思いますが、

アメリカの調査でワクチン接種後よりコロナウイルスに感染した場合の方がはるかに上回ると発表されました。

発症が体に及ぼす影響も、ワクチンの副反応よりも感染の場合の方が、

長期にわたって残っていたといいます。


日本で接種が進められているファイザー社やモデルナ社は比較的血栓症リスクが少ないので、

コロナにかかる前にワクチンを接種し中和抗体を獲得しましょう。

中和抗体はワクチンを接種すると約4週間で獲得でき、いつかは亡くなってしまうので、

「中和抗体検査」で今体内に中和抗体があるかを確認しましょう。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


病院に行く手間もなくその場15分で検査ができ、

痛みもないので高齢者や子供でも検査ができます。


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


コロナ前の生活に戻るにはまだまだ時間がかかると思いますが

わたしたち1人1人の努力で1日でも早い終息を願いましょう。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀