全ての記事

アルコール消毒のコロナウイルスへの有効性

コロナ渦でどこへ行っても見かけるようになった

アルコールスプレーやジェル、除菌シートなどですが

これらのものはウイルスに対してどれだけ有効なのか


今回はこれらを解説していきます。



手や指などのウイルス対策

手洗いは当然ですがしっかり手指用の石鹸をつけてというのが前提です。


ではアルコールスプレーなどに関してですが

アルコールの場合、有効とされているのは濃度70%~95%以下のエタノール


一番有効な手洗いがすぐにできない状況であれば、アルコール消毒液も有効とされています。アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化する効果があります。


また、手指など人に用いる場合は

品質・有効性・人体への安全性が確認された「医薬品・医薬部外品」と表記のあるものを使用するようにしましょう。


そうでなければ肌荒れの原因となります。


使用方法は濃度70%~95%以下のエタノールでの手指への除菌です。


※ 60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があります。70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません。



モノへのウイルス対策

モノに付着したウイルスを除菌するのに有効なのは

アルコールに限ったことではありません。

モノに対してであれば手指と違って多く除菌方法があります。


・石鹸を用いて水で洗い流す

・熱水

・次亜塩素酸ナトリウム水溶液(塩素系漂白剤)

・※界面活性剤(洗剤)

・次亜塩素酸水(一定条件を満たすもの)

・亜塩素酸水


アルコールはモノに対しても有効ですが

アルコールでの除菌が心配なものに対しては

石鹸を用いて水で洗い流すなど熱水は有効な手段です。


お子様のおもちゃ、乳幼児の使用するものなどをアルコールで除菌することに

抵抗がある方も多くいらっしゃると思いますので

是非参考にしてみてください。


※界面活性剤の詳細

テーブル、ドアノブなどには市販の家庭用洗剤の主成分である「界面活性剤」も一部有効です。

界面活性剤は、ウイルスの“膜”を壊すことで無毒化するものです。

9種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに有効であることがNITEの検証による事が確認されています。


以下がNITE検証試験結果から有効と判断された界面活性剤9種


・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)

・アルキルグリコシド(0.1%以上)

・アルキルアミンオキシド(0.05%以上)

・塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)

・塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)

・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)

・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

・純石けん分(脂肪酸カリウム)(0.24%以上)

・純石けん分(脂肪酸ナトリウム)(0.22%以上)


※※台所用洗剤の場合、薄めて使用します。※※

<注意事項>

※目に入らないよう注意してください。

※原則、手指や皮膚に使用しないでください。(手指用の製品は使用できます。)

※飲み込んだり、吸い込んだりしないよう注意してください。


※引用元:厚労省ホームページ



まとめ


手指などの人体に用いる場合はエタノールの濃度なども重要です。


また人以外に物などへの消毒除菌であれば多く利用できるものがあるようです。


手指は当然ですが身の回りの物の消毒も忘れずしていきましょう。


今回は厚労省のホームページから引用させていただいたものも

多くありますが、正確な知識を持って今後も感染対策をしていけるように

情報をお届けしていきます。


Healthystandのこれまでの記事は▶こちら◀