全ての記事

中和抗体獲得して「推し活」の幅を広げよう!


アイドルやアニメのキャラクターなどを熱狂的に応援する「推し活」が、コロナ禍で変化している。ライブの中止や規模縮小が相次ぐ中でも、人気は続く。成長が見込まれる市場を取り込もうと、ホテルやレコード店などが新たな取り組みを始めた。


コンサートの聖地とされる東京ドームを窓から望む部屋には、ライブ映像を流すプロジェクターを設置し、ペンライトが並び、雰囲気を盛り上げるミラーボールも用意されています。オプションとして応援するアイドルの色をイメージしたデコレーションケーキも提供できるとのことです。

 某ホテルでは7月下旬に始めた「推し活宿泊プラン」は好評で、緊急事態宣言解除後の10月以降も延長した。入場者数の制限もあって、会場に行くのが難しいなかでも、室内で映像を見ながら友人と応援できるとのことです。


◆推し活 =好みのアイドルやアニメのキャラクターなどを熱狂的に応援する活動。応援対象を「推し」と呼ぶ。AKB48の飛躍で、10年くらい前から広がった。応援したいアイドルをSNSで発信し、認知度を高めることも活動の一つとされています。


熱狂的なファンは、推しを応援するために、費用を投じることをいとわない方も多いでしょう。企業の側も新しいサービスや商品を提供する流れは続くとみられ、市場拡大が期待できそうです、




推し活を行う全国の13歳~49歳を対象に月平均の出費の調査をしたところ、「5000円未満」が38・4%で最も多かったが、「1万~5万円未満」は14・8%、「5万円以上」は6・8%でした。「推し」に1万円以上費やすファンは約21%もいることがわかりました。


感染拡大防止に気を遣いながら友人同士でホテルを借りてグッズを並べ、映像を流して鑑賞したりなどの創意工夫が施され、「推し活」の幅が広がっています。コロナが収まったとしても、しばらくは敢えて「推しには健康で・元気でいて欲しいから」ということを理由に会うことを控えることを検討しているファンがいます。


しかし、こういった「推し活」に限らず、音楽アーティストの熱狂的なファンはコンサートやライブに行きたい気持ちはあるでしょう。こういったイベントごとがまた開催されるのには、どれだけ徹底的に感染防止対策をしても足りません。


今後は対策のみならず、免疫面では自身の身体の強さが求められますし、ウイルスに打ち勝つには「抗体」が必要です。特に注目すべきところは、体内へのウイルス侵入を防ぐ力を担う「中和抗体」があるかどうかが自身の体を守るカギとなります。

中和抗体を獲得していれば、感染リスクの重症化リスクも回避できます。


「推し活」を楽しむ全国の皆さん、中和抗体の獲得をして、これからは「推し活」の幅を広げてさらに楽しみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもすくないので高齢者や子供でも検査可能。

             

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。