全ての記事

コロナ禍だからこそ歯医者に行こう。



コロナ禍によって健康意識が高まりましたが、その一方で病院に向かうこと・受診する事さえ躊躇う人もいます。筆者自身も診察してもらうことを怠り、躊躇ったことによって虫歯の早期発見が出来ず大掛かりな治療に至った経験をしています。今回は体の部位の中でも大切にして欲しい「歯」をテーマにお話していきます。



令和3年2月8日に日本歯科医師会・会長より

「自粛下での不規則な生活によるう蝕や歯周病の発生や重症化と、それによる全身の健康状態の悪化が危惧されます。ご心配のことがあれば、遠慮無くかかりつけの歯科医師にご相談ください。」

というメッセージをいただいておりますが、皆さんはお口の中の管理はできていますか?

お口の中の管理をするメリットはこちらになります。



感染予防のために、お口の健康管理をしましょう

新型コロナウイルス感染症での検証はこれからですが、インフルエンザウイルス等では、口の中にある細菌が出すタンパク分解酵素が、ウイルス感染を促進します。特に歯周病菌は強いタンパク分解酵素を持っているため、セルフケアと歯科医療機関での治療が重要です。

 また、マスク生活で会話の減少などによる口腔の乾燥や、在宅勤務などによる食生活の乱れから、う蝕リスクも増加しています。お口が不潔だと、腸内細菌のバランスがくずれ、全身の免疫力が低下する危険性が高まることが分かってきています。



歯周病の重症化予防が大切です

歯周病などの重症化を予防するための歯科受診は、ウイルス感染予防のためにも意味があり、これを延期することは全身状態の悪化にもつながりかねません。予約を延期しても問題がないかどうかなど、必要な判断についてはかかりつけ歯科医にご相談ください。



誤嚥性肺炎を防ぎましょう

高齢になると、「誤嚥(ごえん)」といって、食べ物や唾液が食道ではなく気管から肺に入り、肺炎を起こしてしまいます。誤嚥の危険性が高い方は、ウイルス性肺炎の危険性も高くなります。お口を清潔に保つことが、その予防につながります。




このように口の中の管理を怠ると将来的には、別の病気にかかる引き金になることがわかります。マスク生活によって口元を見られることがない日々が続いていますが、マスク生活が必要でなくなったとき、あなたは無事に健康でいられているでしょうか?


年令関係なくコロナの対策も、お口の中の管理も必要であることがわかりました。


今後は感染防止対策を徹底的に行うだけでは足りず、今後の課題として、ご自身の抗体の獲得量に注目する必要があります。


なかでも、体内へのウイルス侵入を防ぐ力を担う「中和抗体」が獲得できていると感染リスクや重症化リスクを回避することができます。


自身の身体と歯は特に大事にしていきたいところなので、これを機に中和抗体が獲得できているか確認していきませんか?


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもすくないので高齢者や子供でも検査可能。

             

実店舗での検査や中和抗体獲得証明書の発行を受け付けております。詳細は、こちらから。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


その他、新型コロナウイルスに係る情報は、こちらから。