全ての記事

やりたいこととやるべきことが一致する時、人は無敵になれる



皆さんはやりたいことはありますか?皆さんはやるべきことはありますか?

きっとその2つが一致している人は少ないと思います。


やりたいことがあるのにできない、やることがあってもやりたくない、そんな葛藤を持つ人はたくさんいます。やりたい事とやるべきことが一致しなくても折り合いをつけることで葛藤をなくすことはできます。


どちらを優先するということではなく、日常が機能するようにバランスを保ち続けることが必要になります。バランスが大切とわかったところで、実際に具体的な行動へと反映できなければ意味がありません。


それができるようになりさえすれば、どちらを優先すべきかといった悩みは不要です。その時に適切な選択をし、実行すればいいだけですから。


では、状況に合わせてやることを調整するためには、どんなことができると良いのでしょうか。


3つに分けて解説します。


①    現状を把握する

現状把握のポイントは、時間の使い方を知ることです。やるべきことに割いた時間がどの程度で、やりたいことに割いた時間がどの程度なのか。それはバランスを考える上で有益な情報になるでしょう。


②    方針を決める

時間の使い方を把握したら、次はそれをどう変えたいのか考えます。もっとこうだったらいいのに…というシンプルな願望を具体的にしてみればいいのです。


もし願望があまりにも現状から離れている場合は、その願望に沿って、第一段階としてどこまで変えられると良いかを考えるといいでしょう。無謀な目標からは破綻した計画しか生まれません。

地に足を付けて取り組むためにも、実現可能かつチャレンジしがいのある難易度に抑えておきましょう。


③    具体的に取り組む

方針が決まったら、次は具体的に取り組むべき行動をリストアップします。ゴールに到達するまでの全ての行動をあげていく必要はありません。当面、取り組むべき幾つかの行動が分かっていれば十分です。ただし、行動は具体的に記述されていなければいけません。そして、その具体的な行動をどの程度の期間、どのくらいの量・頻度で取り組むのかということもきめておきましょう。



・まとめ

やりたいこととやるべきことが一致している人は少なく、大抵はバランスを取ることで折り合いをつけています。生きていくためにはやりたくないけどやるべきこともやらなければいけません。ワクチンを接種することも副反応が嫌で打ちたくないけど今後のことを考えると打たなければならないと思います。打たない人が多いロシアでは大勢の死傷者が出てしまっています。ワクチンを接種すると「中和抗体」が生成されます。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀