全ての記事

DNAウイルスとRNAウイルスについて


ここ最近はマスクを着用するか否かで問題が起こっていますね。マスク着用について注意されたことを発端に騒ぎが大きくなりお店が休店してしまった…などという事態も発生しています。


現在では「マスクに効果なんて無い。むしろ害がある。」などといった誤情報もあり、より一層混乱が深まってきているようにも感じます。


ウイルスには大きく分けてDNAウイルスとRNAウイルスとがあるのはご存じですか?


簡単に説明しますとDNAウイルスはとても変異しにくいウイルスで、一回有効なワクチンなどを開発すればそれが長期的に効果を発揮することができると言われています。


しかしRNAウイルスはものすごく変異しやすい特性があります。インフルエンザやコロナウイルスもこのRNAウイルスです。


インフルエンザのワクチンを毎年打たなければならないとされている理由は変異が早すぎて過去のものが役に立たないためです。


新型コロナウイルスは急激に症状が悪化する場合もありますが、ほとんどが無症候(無症状)かただの風邪くらいの症状で終わってしまうものであり、強い特徴が無いためワクチンをつくること自体が難しい、もっと言ってしまえば今現在はつくることができないようです。


もう少し詳しく言うと、ものすごい強毒性があって症状もそのウイルスならでは、というような大きな特徴を持っていれば抑えるべき点が分かりやすくワクチンなどもつくりやすいですが、普遍的なとらえどころのない症状しか出ない場合はつくれないようです。


また今回の新型コロナウイルスは最初期にS型が発生し、K型へ変異。さらに武漢で感染爆発した武漢G型に変異し、そして欧米で欧米G型に変異し、大きな被害がもたらされたことが解析で明らかになっています。



これは厚生労働省のHPにも載っていて、インフルエンザの場合この形式のワクチンなので、政府は実質「インフルエンザワクチンに効果は無い」と認めています。


また近年では遺伝子組み換えワクチンなども開発されており、正直ワクチンの接種には恐ろしさしか感じません。


もしワクチンの接種が義務化してしまえば何をやっても避けることができないため、私自身もしっかりと義務化は反対であるということ言いたいなと考えています。


ワクチンが期待できないとなれば、治療薬はどうかという話になると思いますが、しかし残念ながら新型とはいえコロナウイルスである以上これも期待できません。


ただ、私個人としては風邪の本番は冬の寒くなった時期だと思うので、今年の年末から来年の春ごろまでの寒い時期に、世界的にどのような推移をたどるかが最も重視するべきところなのでは無いかと思います。



季節は感染症が流行しやすい冬に向かう。年末年始には忘年会や新年会をはじめ、人が集まる行事もあり、感染の再拡大も懸念されます。


なので、私は自分がコロナウイルスに対する抗体があるか確認するため中和抗体があるか確認してから年末年始を迎えたいと思います。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀