全ての記事

コロナ禍に起こる芸能人の自殺の背景とは?




コロナ禍が原因?!子供の自殺が過去最多に

今年の12月で新型コロナウイルスが報じられてから2年が経とうとしています。


2021年10月13日に文部科学省が発表した内容によると2020年度全国の公立私立小学校、中学校、高校から報告があった児童生徒の自殺は415人と、調査を開始した1974年以降で最多だったことがわかりました。


19年度の317人と比べて31%の増加が確認されており、コロナ禍が子供の心身をむしばんでいるとみられています。


この調査によると、いじめの認知件数は減少しているがそれに反して不登校は増加していることも分かっています。


コロナ禍での臨時休校や学校行事の休止、部活動の制限など子供同士の接触機会が減ったことが理由として考えられており、登校意欲がわきにくい環境となっている可能性が考えられます。



次々と自殺者が増えてしまう原因とは?

自殺をするのは児童生徒のみではありません。昨年次々と芸能人の死をめぐる悲しいニュースが報道されました。


何故このような連鎖がおこってしまうのでしょうか。

とある大学教授は「精神科で患者が自殺すると同じように死を選ぶ患者が啓発する事がある」と述べています。


同様に芸能人でも生と死の境界線上にいる人達が芸能人の死の報道に触れることで死に傾く可能性が非常に高いということです。


自殺が増えた背景にあるのは、「コロナうつ」という言葉に象徴される、新型コロナウイルスがもたらした社会の閉鎖間だと思われます。



最後に

「コロナストレス」という言葉が使われるようになり、コロナによるストレスを感じている人がかなり多くストレス解消する方法を見つけていくことが大切となります。


現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了していますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。


ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態で安心して日常を過ごしてみてはいかがでしょうか。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀