全ての記事

新しい生活様式



新型コロナウイルスの感染拡大から1年半が経過した現在でも、その脅威は収束するどころか、依然として予断を許さない状況が続いています。


コロナ禍において“新しい生活様式”が普及したことにより、日常生活の様々なシーンで変化を感じている方も多いでしょう。


例えば、新型コロナウイルスの感染防止対策として、飲食店をはじめ、あらゆる施設でアクリル板やビニールなどの仕切りが設置されるようになりました。

また、外食の際には、“マスク会食”や“黙食”が推奨され、


「以前のように、家族や友人とわいわい楽しむことができなくなった…」

と残念に思う方もいるかもしれません。


外食の機会が多い方は、コロナ禍での感染予防を意識した食事スタイルに対して、どのような思いを抱いているのでしょうか?

やむを得ない措置だと理解していても、できるだけ早く、気軽に外食できる状況を取り戻したいですよね。


新型コロナウイルスに対する感染予防を徹底しながら、外食を楽しむ工夫ができないものか考えてみたいと思います。




日本でも、ワクチン接種に対する国民の意識が高まっているようです。

新型コロナウイルスの感染予防対策として、ワクチン接種には大きな期待が寄せられています。

ゆくゆくは、欧米のように行動制限の緩和が検討されるかもしれません。


ワクチンの接種率が上がるにつれ、外出自粛ムードも自然と緩んでいく傾向にあるのかもしれません。

しかし、ワクチンを接種したからといって完全に感染を防げるわけではないので、引き続き注意しましょう。


一方で、コロナ禍であっても、週に1回程度は外食しているという方も少なくないでしょう。

では、普段外食をする際には、8割以上の方が、外食するお店選びの際には味の美味しさを重視しているようです。

また、コスパやメニューの豊富さにも支持が集まる一方で、感染防止対策の状況を気にする人も多いと思います。


コロナ禍では、店舗の感染防止対策が十分に行われているかどうかも、重要なチェックポイントだといえるでしょう。




新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンオフ問わずおうち時間が増えたため、気分転換に外食したいという方が多いようです。


また、毎日自炊をするのは大変で飽きてしまうという悩みも、外食する理由のひとつに挙げられます。

外食は、コロナ禍のストレス解消方法として貴重な機会になっているといえるでしょう。


新型コロナウイルスへの警戒心は持ちつつ、ストレス発散や気分転換のために外食をしたいという方は多いといえます。


しかし、飲食店を利用する際には、コロナ禍ならではの心配や困りごとも出てくるかもしれません。

コロナ禍においては、普段外食する際に、飲食店の感染防止対策状況を注視する方も少なくないようです。

しかし、テーブルに設置されたアクリル板やパーティションによって、一緒に食事する相手との心理的な距離感や、声が聞こえにくいといった物理的な問題が生じている現状も見え隠れします。


実際に、私個人としてはアクリル板やパーティション越しの会話で“聞こえたふり”をしたり、食事が楽しくないと感じたり、様々な面で弊害が出ています。


飲食店の利用者にとっては、アクリル板などの仕切りがない状態が望ましいといえると思います。

だからこそ、飲食店や企業は新たな感染予防対策を実施し、コミュニケーションを取りやすくする必要があります。

ワクチンパスポートの導入に期待しつつ、安心して食事と会話を楽しめるような感染予防対策を探していきましょう。


先ずは今できることも忘れずにやっていこうと思う。先ずはうがい、手洗い、マスクの着用と感染予防対策はきっちりし、外出する際は抗体がきちんとあるかチェックもしていきたい。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは 


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。 

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点 

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み 

■トップクラスの精度97.4% 


病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。 


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。 


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀