全ての記事

感染拡大防止の新カルチャー「黙食」とは?



感染拡大防止のため、新たなカルチャーが誕生?!

いいえ、実は800年近く前からあった?!「黙食」とは?

ここ最近、あらゆる飲食店にて

新型コロナウイルス感染症対策啓発用「黙食」を促すポスターを見かけます。



かつては、飲食店での飲食によって感染リスクが高いと懸念され、

時短営業や休業をする飲食店がたくさんありました。


現代の社会では、時間に追われながら働くため、「ながら食事」が非常に多いです。

なにかと併用しながらお食事される方を目の当たりにするのは

珍しくない光景ではありますが、飲食店では「ながら食事」も含め、

さまざまな形で飲食が楽しめるようになったため、

感染拡大のリスクが高いと指摘されることがあったでしょう。


とある飲食店にて食事中の会話を控える「黙食」を勧めるポスターを作成・配布したことが話題となりました。それ以降、様々なお店で黙食を勧める掲示が増えてきたことによって、

「黙食」という新たなカルチャーが認知され始めています。


ところで、この黙食という概念、実は仏教には古くからあったということをご存知でしょうか?


古来から、日本は食に関して感謝や祈りを込めて大事に思っていました。


食べることを大事にするとは、食べ物を大事にすること、食事を作ってくれた方に感謝すること、また、一緒に食事をするひとにも感謝することなど。


そういったことから、食べることに対して作法を重んじることとなっています。


食=作法ということが大事だという仏教の教えから、食に向かう時は感謝を込めながら黙って食べるということですね。


今回の「黙食」自体はあくまで飛沫感染予防の為に作られた標語です。


食事そのものを楽しむためにも、「黙食」してみてはいかがでしょうか?


まだまだ、感染対策に気を緩ませることはできない今日も、

ぜひ、もうひとつ、安心を手に入れていただきたい。


ワクチン接種が終わっても不安を拭いきれない、本当に抗体ができているのか?

など不安に駆られている方は多いのではないでしょうか。

ウイルスの侵入を防ぐ中和抗体があるのかご自宅で簡単に検査できるキットがあります。



サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査はこちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀