全ての記事

おすすめの自粛期間の過ごし方



日本国内のワクチン接種完了率が人口の50%を超え、人口の半数以上が抗体を獲得することが期待されています。しかしながら、緊急事態宣言が解除されてもまん延防止対策措置は残り中々思うような生活を送ることは困難であると言えます。


9/30を目途に緊急事態宣言の解除を政府は発表していますが、10月に入ってからの人流の傾向や感染者数の増減により、再度緊急事態宣言が発令されるのではないかと予想されています。


今回は、このような政府対策下において私たちはどのように自粛を行うべきかおすすめの過ごし方を紹介したいと思います。


1つ目は、『食』について

コロナ禍以前は外食を楽しみに日々の生活を送っていたという人もたくさんいらっしゃると思いますが今はそういうわけにもいきません。お店の込み具合や消毒の有無が気になって落ち着いて食事ができないという方もいるのではないでしょうか。そんな方にお勧めなのがデリバリーです。外食の味を家で安心した環境で味わうことができますし、何より家族以外との接触を大幅に下げることができます。

また、今はデリバリーのバリエーションも増え、ラーメンやスイーツも遠方からスマホで簡単に取り寄せることができます。



2つ目は『住』について

おうち時間という言葉の通り家で過ごす時間がすごく増えましたよね?

そうなると普段は気にならなかった壁紙の色や家電などいろいろなところに目が付くと思います。そこでお勧めしたいのがリフォーム。最近では、自分で行うDIYや専門もプロに任せる本格的なものまでかなり需要を高めています。旅行等ができないこの環境で以前より娯楽に使う出費が下がったというご家庭がほとんどなのではないかなと思います。娯楽にお金をかけられない分、家で過ごす自分たちのために投資をするという意味でリフォームを行ってみるとフレッシュな風をおうちに取り入れられるかもしれません。



3つ目は『動』について

自宅で過ごす時間が増えるとどうしても体を動かすことが少なくなってしまいますよね。パソコンで書類を作ったり、スマホでゲームをしたり…動かなくてもできる操作が多いことが原因で運動不足になってしまいます。そんな時にお勧めしたいのがエクササイズ動画です。小さいお子さんから大人までいろいろな人のニーズに合わせた動画があるので探してみてください。


そして今回自粛についてお話ししたのには理由があります。中には、ワクチン接種が進んでいるのにどうして自粛なのと考えた方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

なぜ今回、その話をしたのか、それはワクチン接種後の気の緩みが更なる感染拡大を引き起こす可能性を秘めているからです。


感染を防ぐ中和抗体が体内にできても100%かからないという意味ではありませんし、皆さんもご存じの通りウイルスは変異するのです。現在のワクチンで取得した抗体が次発見される変異株に有効かどうかは誰もわかりません。


このような実態から、おそらく今後も自粛をすることを強いられる状況が続くと思います。


今、自分の体の中に中和抗体ができているか調べたいという方はサステナブルプランニングの中和抗体検査キットを使用してみてください。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査はこちらからお問い合わせください

感染を広めないこと、感染しないことを意識して生活を送りましょう。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀