全ての記事

心の健康、大丈夫?




新型コロナウイルス感染症の流行によって、今まで当たり前だった生活スタイルは大きく変化しました。今まで感じなかった不安な焦り、ストレスを感じている人もたくさんいるのではないでしょうか?ストレスを感じることによって、様々な心理的・行動的・身体的反応を引き起こします。ここではコロナ禍で増えたメンタルヘルス不調について紹介していきたいと思います。



・強迫性障害

本人の意思と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる“強迫観念”と、それを打ち消し、振り払うために繰り返す“強迫行為”からなる病気です。必要以上にニュースを見てしまったり、肌荒れするまで手洗いや消毒をしてしまったりしている等の状況が考えられます。



・適応障害

なんらかのはっきりしたストレスがあって、それによってうまく仕事や家事など、従来出来ていた日常生活がこなせなくなる状態をさします。ただ、うつ病や不安障害等の他の精神疾患にはあてはまらないということが条件になります。じっとしていられなくなったり、眠れなくなったり、食欲が落ちたりするなどの症状が出ます。ストレスの原因から離れればすぐに良くなりますが、コロナ禍ではストレスの原因から完全に離れることは難しいため、うまく付き合っていく必要があります。



・うつ病

適応障害と同じような症状が出ますが、ストレスの原因から離れてもすぐにはよくならないという特徴があります。



・自律神経失調症

身体疾患などの器質的な原因がないにもかかわらず、自律神経のバランスが崩れている状態のことです。自律神経は、暑いときに汗をかいて体温の上昇を抑えたり、食後に胃腸の動きを活発にして消化を促したりするなど、体内のバランスを維持する働きをしています。そのため、自律神経が乱れると体内のバランスが崩れと、汗をかかなくなって身体がほてったり、胃腸の活動が弱まり下痢気味になったりするなどの症状があらわれます。発熱や倦怠感などの症状がみられ、検査をしても目立った異常が見つからない場合は自律神経失調症とみなされることがあります。



・まとめ

新型コロナウイルスにより生活スタイルが変わり、ストレスを感じることが増え、メンタルヘルス不調になる人が増えました。コロナにかかってしまうのではないかという不安が一番のストレスの原因だと思います。そこで自分がコロナにかかりにくい、重症化しにくい体かどうか「中和抗体検査キット」を使って確かめて、不安をなくしてみませんか? 


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


病院に行く手間もなくその場15分で検査でき、痛みもないので高齢者や子供でも検査できます。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査は、こちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀