全ての記事

“最新版” 今コロナにかかると?


突然ですが、皆さんの周りで新型コロナウイルスにかかった人はいませんか?

全国の感染者数の増加はとどまることなく、ほぼ毎日のように最大感染者数を更新しています。少し前までは、「こんなに大騒ぎしているけどそんな簡単にかからないでしょ」と軽く考えていた人もいるかもしれません。しかし、目にしたことのない感染者の数を見るとそろそろ人ごとではないのかもと不安を感じ始めている人もいると思います。


実際に筆者の周りにも、感染してしまったという人がここ最近になって出てきました。


皆さんの中には「飲み歩いていたのだろうから自業自得」「どうせ若い世代が出かけているから」と考える方も多いかもしれません。しかし、感染に気をつけて最小限の外出で我慢していた人でも新型コロナウイルスに感染してしまうのです。


知人は、友人が感染してしまって濃厚接触者になってしまったことを自分の子供から聞いた直後に夫に感染の疑いが見られ検査したところ夫は陽性。感染経路は不明のまま自宅待機をしていたところ他の家族も徐々に病状が表れ始めた。という状態でした。


ちなみにワクチンを接種していた大人の病状はあまり深刻ではないものの、していなかった子供に関しては味覚障害と発熱がひどいと聞きました。

しかし、問題なのはここから

後に話を聞いてみると、


・市役所からの連絡が滞っており、陽性かどうかの結果も知るのにすごく時間がかかった。

・最初に感染が発覚した旦那さんは濃厚接触者ではなかったため検査をするのに時間がかかり保険

 も適応外だった。

・他の子どもたちに関しては検査自体が現時点で受けられていない。


など、もちろん地域によって対応が異なるので全ての人に当てはまるというわけではないですが、感染者数が最も多い今感染すると、役所とうまく連携が取れず、ほとんどの場合が自宅待機になるため家族への感染リスクも大幅に上昇しているのが見受けられます。


この話から推測できることがもう一つあります。


それは、ワクチンの効果について。


この家族は一人を除く他の人に関しては少なくとも一回はワクチン接種が終わっていました。不幸中の幸い…と言ったら語弊があるかもしれませんが、ワクチン接種によって症状が多少は抑えられていることが分かります。


その一方でワクチンを接種していても感染はするということも発覚しました。

もちろん人にもよるので断言することはできませんが、ワクチンを接種した方が苦しみは少ないのかもしれません。


「じゃあワクチンの効果が出ているのかどうか、感染しないと分からないの??」

と不安に思う方もいるかと思います。


結論から申し上げますと、そんなことはありません。

ワクチン接種により抗体が定着しているかどうかを調べることはできます。

ただし、抗体というのはもちろん目に見えるものではありません。そして種類が何種類もあるのです。


では、どうしたらいいのか。


それは新型コロナウイルスに対する抗体を特定してそれが体内に存在しているかをチェックすること。

これを可能にしたのがサステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査キットです。

中和抗体検査キットを使うことで新型コロナウイルスに対して効力がある抗体を持っているかを調べることが出来ます。抗体を持っていることが分かれば、少しずつですが感染に怯えることなく生活を送れるようになってくるかもしれません。


サステナブル・プランニングが提供している中和抗体検査はこちらからお問い合わせください。


HealthyStandの他の記事は▶こちら◀